スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆青森:オンリーワンの自己紹介

aomori0419_w400.jpg

今日は青森市内で研修でした。
今週は就職を支援する内容の研修で青森県を周っていますが、
人と人とのよりよい関わり合い方をテーマに、
話し方や話す内容、姿勢、視線、そして面接対策などを、
ロープレ(ロールプレイング、グループや2人一組で練習)を中心に行っています。

 

内容は大きく分けて3つあり、
同じ中身の研修を違う会場で何度かやったりするのですが、
その中のひとつに自己紹介のロープレがあります。
ただ「自己紹介をしてください」と言われてやったトークと、
こちらの指示に従った内容の自己紹介を、
グループごとに二回やっていただき、
聞く方の感覚の違いを比較体感してもらうんです。

 

私がいつも皆さんにお願いするのは、
「今この集団の中で自分がオンリーワンだと思う項目を考えてください」
というものです。
ベストワンではなくオンリーワンです。

 

何かに秀でているというのではなく、
こんな特技がある、こんな趣味がある、こんな経験がある、
または意外なキャリア、意外な出身地など、
「これはこの中でたぶん自分一人だろう」と思える項目を探しもらうんです。
もちろん厳密に考える必要もなく、
「たぶん」というレベルで十分です。
そしてそれについて語ってもらいます。

 

そうするとね、聞く方の反応が全然違うんですよ!

 

これはグループワークとして行うのですが、
皆さん、身を乗り出して自然に頷き、
あちこちから「へー!」「ほぉ~」「おー!」という、
驚きや関心や歓声の声が湧きあがります。

 

それをね、最初から何で言わないかな?
非常にもったないない!って私は、
個人的に思っちゃうんですよね^^

 

有名人から指導を受けたことがある方、
スポーツで全国大会まで行きあこがれの晴れ舞台に立った方、
意外なものを手作りしている方、
そこまでいかない日常の生活レベルのお話であっても、
「私、双子の姉がいるんです」
「実はミュージカルが好きなんです」
「何も考えないでつけた子供の名前が昨年はドラマのお陰で一躍話題に!」
などというのもありました。

 

こういったお話は非常に強く人の興味を引くので、
規定秒数が過ぎてタイマーからアラームが鳴ると、
「えー!」「もっと聴きたかった」という声も上がります。

 

    *    *    *    *    *    *

 

自己紹介と言うと、
人前が苦手な方はできるだけ早く短く済ませようと思って、
「○○から来た(住まいや出身地や出身校)××です。」
もっと長くて「年齢は△△です」「家族は□人家族です」
ぐらいで無難に終わらせてしまいがちですが、
それでは誰の印象にも残りません。

 

印象に残らないということは、記憶に残らない事、
そして覚えてもらえない事につながります。

 

人間も動物ですので、初対面の人に遭遇した時には、
出会い頭に相手が敵か味方かを瞬時に判断しようとします。
そのときに「味方ですよ」という情報を提供してあげるのが、
自己紹介の効果のひとつでもあります。

 

そのためには、より具体的にイメージできる内容のほうがよく、
さらには相手が共感したり興味を持つような話題のほうが、
その後の人間関係にいい影響をもたらすことが多いんです。

 

だって例えば、「楽天の大ファンで年間シート持ってます」
な~んて耳にしたら、同じ楽天ファンの方は黙っちゃいられませんよね?
早速休憩時間に近づいて「ねぇねぇ」と声をかけるに違いありません。

 

私も今回の研修では、
3/11の東日本大震災で見聞きした自分の経験を導入に使っています。
すると前回と比べても皆さんの耳の傾け具合が圧倒的に違います。
そして休憩時間には「自分も今月仙台に行きました」「妻の実家が仙台」等々、
皆さんのほうからたくさん声をかけていただきました。

 

    *    *    *    *    *    *

 

こういったことを実際の面接にも応用して、
担当者が興味を持ち強く印象に残るような受け答えを、
戦略を練って工夫していくわけです。

 

そのためのヒントとして大いに生かしていただきたいと思いました。
今日は自己紹介のお話でした。 

 

 

◆弘前:ビジネスマナーの研修でした

DSC03439.jpg

今日は弘前で就職支援に関するビジネスマナーの研修でした。
といっても名刺の渡し方やお茶の出し方などをお伝えするのではなく、
(そんなの、私だって怪しいもんです^^)
人と人が関わっていく中で、
どうやってコンタクトを取っていくのか…
そういったところに主眼を置いた内容です。

 

例えば、返事をする、あいさつをする、相手に反応する、
あるいは自己紹介や人前で発表する時の振る舞いなど、
ひとりひとり素晴らしいものを持っている皆さんが、
小さな事で誤解されたり過小評価されたりしないように、
ほんの少し工夫を加えて、
普段の人間関係や就職活動に生かしていただくのが目的です。

 

私はコミュニケーションの講師ですが、
専門のマナー講師ではありません。
ですのでそういったプロの方のような厳然たる指導はできません。

 

ですが、皆さんにわかっていただきたいのは、
マナーって相手を思いやる言持ちそのものだと思うんですよね。
困っていたら助ける、時間がない時は急いであげる、
名前は相手に聞こえるようにはっきりと名乗る、
読みにくい名前の時にはふりがなをふってあげる等々。

 

そのためには、相手の目線を持つことだと思うんです。
相手から見える自分を常に意識する事だと思うんです。

 

そんな考え方をベースに、
2クラスの方にそれぞれ約2時間の研修を行いました。

 

とはいえ、講師が私なので^^
時間中はやっぱり賑やかです。
笑ったり歓声を上げたり反応のよい皆さんに助けられ、
今日も楽しい1日を過ごすことができました。
ありがとうございました。

 

さて明日は青森です。
明日はどんな方達に会えるのか今から楽しみです!

◆再就職支援の研修でした

rework01.jpg

3月8日から10日まで青森県で再就職支援の研修をしてきました。
挨拶や自己紹介など様々なワークを通して、
相手の方がそれをどう感じるか?という点に主眼を置き、
また採用担当者の目線を体験してもらうために、
受講者さんを企業側と応募者側に分けて模擬面接もやってみました。

 

模擬面接は本来、応募者の事前トレーニングが目的ですが、
私はそれよりも前に、採用する側に立つ担当者の視点や目線を、
全員の皆さんに体験して欲しかったんですよね。

 

なのでゲーム感覚ではありますが、
実際にグループで話し合って合格者を決めたり、
「なぜその人を選んだか?」を発表してもらったりしました。

 

またその様子をビデオ撮りしてその場で再生、
これは非常に講師が楽。
だって皆さんが自分自身で、
「声が小さい」「落ち着きがない」「視線がキョロキョロ」など、
自分に対して的確な評価をしてくださるからです。

 

人は他人に強制されたことは、気乗りしなければなかなか実行しませんが、
自分自身で「これじゃいけない」と衝撃を受けると自ら軌道修正し始めます。

 

なので、どのようにして「気付いて」「衝撃を受けて」いただくか?
それをいつも考えていたりします。

 

アンケートを拝見すると、
「堅苦しい内容と思っていたが楽しく学べた」
という感想を全体的にいただき、
「目からウロコ」「自分の癖や欠点に気づいた」
という回答も多く寄せられました。

 

さて今回の研修は場所を変え受講者さんを入れ替えて、
全部で6回行ったのですが、
最後の回を終えて仙台に戻る電車の中で、
最後のクラスに参加したTさんと一緒になりました。

 

「荷物をお持ちしますか?」と声をかけてくださったり、
同じ電車で当初違う車両に乗り込んだのに、
わざわざ戻ってきて隣に座って私の話を聞きに来てくれたり、
ピュアで柔らかな心配りのできる方だと思いました。

 

その素直な感じが伝われば、
採用してくれる企業さんは必ずあると思います。
そうお伝えすると笑顔でお礼を述べてくれました。
別れた後もすぐにお礼のメールが来ました。
こんな方にこそ幸運が訪れて欲しいと思います。

 

今回の研修が皆さんに再就職に役立つことを願っています。
みんなありがとうね!応援してます!頑張ってくださいね~!!

◆コーチングでらくらくクレーム対応

claim_coaching.jpg

昨日の午後は会員になっている日本コーチ協会東北チャプターの定例勉強会で、
「コーチングでらくらくクレーム応対」という講座をやりました。

 

コーチング3大スキルは「傾聴・承認・質問」と言われていますが、
それってクレーム応対で必要なスキルとまるで同じなんですよね。

 

お客様の感情を沈めていただき冷静に客観的な提案をご検討いただくためにも、
十分に傾聴して相手の方を承認し、詳しい状況を質問しながらヒヤリングしていきます。


2時間という限られた時間では、それのほんの一部しか演習できないのですが、
今回はプロジェクターとパワーポイントを使い、
切り替わりのトーンダウンや限定謝罪などを取り上げて、
それぞれをコーチングとリンクさせながらやってみました。

 

クレーム応対は誠心誠意が必須ですが、ときには演出も必要、
お客様の立場と心情に意識的に共感のサインを示したり、
相槌やお詫びのバリエーションを変えたりなど、
ちょっとした工夫で感情的なお客様もクールダウンしてきます。
それにコーチングのスキルを加えて、
よりよいお客様対応に生かしていただきたいと思いました。


意欲的に取り組んでいただいたり、笑っていただいたり、
皆さんのご協力のお陰で暖かい雰囲気の講座になりました。
どうもありがとうございました。

◆内輪でFaceBook(フェイスブック)セミナー

facebook_seminar2.jpg

 
昨日は内輪でFaceBook(フェイスブック)セミナーをしました。
友人とそのまた友人を先崎さんが集めてくれて、
会場にはラボ・ジャパンさんをお借りして、
とてもあの少人数で日曜の午前中とは思えないノリと熱気で、
ふたを開けてみれば爆笑満載のセミナーに(笑)

 

機能のひとつひとつをプロジェクターで説明するたびに、
「おーーーっ!」「はぁ。。。。」「えぇぇぇぇぇ!」と、
まるで思いっきりテレビ状態。
アタクシのおバカな痛恨の失礼な勘違い(秘密(笑))や、
どなたかの謎な爆弾発言も飛び出して、
内輪ならではの大変楽しいひとときでした。

 

昨日同じ方がいらっしゃしましたが、
私もFaceBookは登録はしたものの、
さっぱり意味がわからずかなり長い間放置していました。

 

が、教えて欲しいと大好きな友人に頼まれた事がきっかけで、
慌ててあちこち設定をしてちゃんと使い始めたのが真相です。

 

実はTwitterも同様でして、これも「教えて」と言われて初めて、
慌てて放置していたアカウントをいじり始めたのが使い始めた理由です。
そして実はMIXIも、あるコミュニティがとてもいいから、と勧められて、
招待状を友人から受け取ったのが最初です。
つまり自分から望んで進んで利用し始めたものが、
ひとつもないんですよね~

 

ですが、誰かに教えるとなると、
自分が実際に使いこなせないと人には自分の言葉で語れないので、
そりゃもう必死になりますよね。
なのでいやもう、ここ一カ月はFaceBookを爆裂使いました(笑)

 

私の前職はユーザーサポートで、
具体的にはプロバイダのコールセンター業務(法人向け)なのですが、
そこでは新しいサービスのリリースが決まると、
ひとりひとりにテスト用のアカウントが配布されて、
さほど期日もないリリース日までに、
一通りの使い方を覚えておかないといけなかったので、
仕事が終わった後に皆で練習したり教え合ったりしました。
そんなことをふと思い出しつつの一カ月でした。

 

さて今回のFaceBook講座は告知なし非公開の内輪モードでしたが、
友人達と作ったオレンジプロジェクト(名前も昨日決まりました(笑))の、
記念すべき第一回セミナーでもありました。

 

全員の名刺がオレンジが基調色だから、という、
誠に安易な理由で命名された私達オレンジプロジェクトですが、
先崎さん、宍戸さん、鈴木さん、それに私の4人で、
セミナー&研修やろうぜ、みたいな活動です。
皆さん、よろしくお願いします<(_ _)>

 

昨日のFaceBook講座の内容は以下です。
あ、私はあくまでもやり方がわからない方や初心者の方に向けて、
使い方や設定方法や注意事項をメーンに組むので、
そんなに深くて詳しい専門的なことはやりません。
なので、どうやったらFaceBookで売り上げを増やすのか?
な~んてことは詳しい他の方に聞いてくださいね^^

 

最後になりましたが、私がFaceBookを使い始めるにあたっては、
株式会社ライフブリッジ社長の櫻井亮太郎さんに大変お世話になりました。
この内輪セミナーは櫻井さんに、
取りかかりの部分を教わらなければ成り立ちませんでした。
この場をお借りして櫻井さんに深く感謝の意を表します。
櫻井さん、ありがとうございました!

 

【2時間でわかるFaceBookの楽しみ方(項目)】
1 FaceBookとは?
2 実名登録を前提
3 実名である注意点
4 友達の見つけ方
5 最初に
6 読み方
7 書き込み方
8 反応のしかた
9 一歩進んだ使い方
10 ブログ機能は「ノート」を使う
11 グループを作る
12 FaceBookページ(旧ファンページ)
13 まとめ

 

 

◆研修でした(介護業界)

今日は介護サービスを提供している会社さんの管理職研修でした。

 

「信頼関係の声掛けと会話」と題して、
利用者の方やそのご家族、
あるいは職場でのよりよいコミュニケーションのために、
声掛けの具体例やコツ、会話の手法などをお伝えいたしました。
また、相互理解のために今回は「4つのタイプ分け」も行いました。

 

「タイプ分け」は、どこでやっても盛り上がる内容なので、
皆さんにとても楽しみながら聞いていただけたと思います。
(本当はDiSCをやってみたかったなぁ。。。)

 

この会社さんの研修は3回目のため、
皆さんにとても親近感があってうれしい気分。
誰かのひとことにわっと盛り上がったり、
「承認の拍手」の音も毎回大きくて、
チームワークがとてもよい感じがしました。
また指名した方がどなたもご意見や感想をすぐに述べてくださるのが、
素晴らしいと思いました。

 

管理職として人をマネジメントしていくのは、
苦労が多く大変な事だと思います。
若いリーダーさんが年上の方への接し方に気を遣うなど、
現場ならではの悩みもあると思います。

 

そんなときにはぜひ、相手の方にマメに感謝を述べ、
自分にとっての相手の価値をみつけて、
それをアイメッセージで伝えることを意識してみてくださいね。
そうすれば相手の方が、【あなたのために】動いてくれると思います。

 

いつも意欲的に参加していただき、
今回も充実した時間を過ごすことができました。
あ、そうそう、コールセンターのエピソード、
確かにちょっとボリューム多かったですね。ちょっと反省。。。
Oさんの的確なご指摘に感謝です。

 

それでは皆さん、ありがとうございました。

 

◆観光ボランティアさんの研修でした(2)

yone_leaf.jpg

 

先週はある町の観光ボランティアガイドさんの研修でした。

 

さほど詳しくはありませんが、私は歴史が好きです。
いにしえの出来事や経緯、武将のエピソードなどは、
今に通じるものがあり、深く共鳴したりなるほどと思ったり、
自分の心を動かした事柄は誰かに伝えたくなります。

 

また、何もご存じない方に自分の知識を披露して頷いていただくのは、
それなりに心地のいい行動でもあり、話者を幸せな気持ちにします。

 

ですが、そこにこだわりを持ってしまうとお話のバランスが悪くなるので、
皆さんの関心の度合いや表情を見ながら、
いつも行きすぎないように気をつけているのですが、
これがなかなかね^^

 

研修ではそんな自分の経験も踏まえて、
「お客様の聞きたい話をお客様の望むスタイルで」話すことにポイントを置いて、
ロープレも取り入れながら進めてみました。

 

参加者の方は(たぶん)私よりも人生の先輩達だと思うのですが、
積極的な発言やご指摘に、新鮮な感動を覚えます。
これは、若い方の多い研修ではあまりないことなんです。

 

働きかけると反応があるって講師としては非常にうれしいことです。
そんな皆さんと共有した2時間は、
とても楽しく充実した時間でした。
皆さん、本当にありがとうございました!

 

写真は参加者の一人、Yさんからいただいた葉っぱの名刺です。
いつも木の葉に連絡先を書いて、
名刺代わりに持ち歩いていらっしゃるそうです。素敵ですね。

 

Yさんは研修中の自己紹介ワークで、
「植物キチガイのYです」と語って、場の空気を和ませてくださったのですが、
自己紹介では、オンリーワンの事実ってすごく大事なんですよね。

 

ほかにも、初日に真っ先に名刺交換に来て下さったSさん、
「話が苦手」とおっしゃいますが実は口調が穏やかで説明の上手いTさん、
終了後に会場内の図書館でお世話になったOさんなど、
小さな出会いと皆さんのお気持ちが、
私を暖かい気持ちにさせてくださいました。

 

ここでお一人お一人ご紹介できないのが残念ですが、
皆さんとの出会いに感謝して、
できれば再会の日を心待ちにしている私です。

 

このたびはどうもありがとうございました。
役場のOさん、Sさん、Yさん、A課長に、
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

    *    *    *    *    *    *

 

余談ですが、私の夫の出身は北海道です。
ですがそのお父さんのそのまたお父さんの出身は、
今回研修をさせていただいた某町です。

 

宮城県から北海道に渡った人達がいた事実、
その血縁やツテを頼って北海道に移住した方がいること。
そういったことにあらためて気づかされるいい機会になりました。

 

これも何かのご縁ですね。
そう、私の苗字ってその町に多い苗字なんです。
(というか、その町にしかほとんどいない?)

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。