スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要領が悪い

 

yoryo_warui.jpg

私が工場のライン作業の仕事をしていたときに、手組みの作業が天才的に早い人達がいました。彼女達はたいていが気のいいギャルお姉ちゃん達なんですが^^、どこが違うのかよく観察していると、”考えないで作業する”んですよね。私なんかは「あ、塗布がずれたかな?」とか、「この半田だと接触悪いかな?」とか、どの工程を担当してもたまに手が止まったり、見直したりするのですが、彼女達は早い!早い!もし見直すことがあっても即断即決の潔さで迷いがないんですよね。それで保持すべき品質が保たれているかどうかは別にして(笑)、とにかくこういった作業は思考のフィルターを通していると、その分スピードが落ちるものなんだなぁ…と、非常に参考になりました。


さて、ここ数日次男が帰省してきて食事時によく話すのですが、どうも私達家族は全員がそんなに要領のいいタイプではない事がわかりました。要領がいい人というのは自分ではそういった自覚が薄く、「なんでも早いよね~」と言っても、「そうかな?」ぐらいの反応なのですが、仕事仲間に要領の悪い人がいると自分の事以上に気になるみたいなので、誰かの事を「遅い、遅い」とよく言う人はきっと手際がよくて作業の早い人なのだと思います。


それでも多くの人は仕事や社会経験を積むうちに段々それも改善されてくるものですが、次男はまだ就職して間もないので(技術職/他県に赴任)、話を聞いていると「ふふん」と思うところがあって面白いですよね。いやね、「コーチングって結局どんなことをするのさ?」と聞いてきたので、「じゃ…」とショートコーチングの練習台になってもらったのですが、彼のテーマは「道を覚えたい」ということなわけ。それでメリットを聞いたり優先順位を聞いたり、そのために着手しやすい作業は何かを質問したりしたのですが、結論は”まずは一度訪問した企業先までの道のりを地図にマーカーで書く”。でも、「うーん、でも何社もあるから時間がかかるんだよな」


「ふーん。じゃ、今一番気になっているところはどこ?『実はこれが気がかり!』と感じている地区はないの?」→「あ…ある。一社だけほかよりも一人で行く自信がないところがある!」→「もしそこを確実に覚えられたら道を覚えるのが苦手な感覚は何割ぐらい減りそう!」→「あー、結構減るかも!」  と、ここまでは順調だったのですが→ 「でも、オレ、やんないよ。お母さんは、そこだけをまずやれっていうんでしょ?」→「(あらら…)理由は何?」


それはねー、オレは、今までに訪問した会社を訪問した順番に復習して最初から今までの分をいっきに全部やりたいの!だから、それだけというのはやりたくないんだよな~。


あー、そーですかっ(笑) その前日の話で、「オレって要領悪いんだよね~。他の人の作業を見ててそう思う。」と言っていた原因のひとつはそれか~(笑)


「あのさ、昨日の話でさ、自分は要領が悪いと言ったけど、それ、"要領が悪い"んじゃないかもよ?ジロー(仮名)は、自分が満足を感じるやり方でやりたいと思いすぎて、スピードを犠牲にしているのかも。だったらあんた、もしかしてあんたが自分で思うほどは要領自体は悪くないんじゃない?いつも、この進め方でやりたいっていう気持ちが他の人より少し強過ぎるだけだよ。」


「おー、なるほど!そうか。あー、そいつは考えて見なかったな。それはつまり、こだわりを捨てろってことかい?」


ま、親子なんで基本が似ており、(それは私の欠点でもあるため)他人様よりは息子の事はよくわかったりするんですが(笑)、けっこう、そういったこだわりも作業能率を落としたりしますよね。人は何かを進めるときに、一番自分に合っていて心地のいいやり方を選択しがちです。が、たまには他の人の助言を聞き入れたり、開き直って執着を捨てて、違う方法でやってみると、思ったよりは結果がいいことに気がついたりするのですが、これがなかなかね~。でも、最終的には、「何を優先するか」(自分の気持ちなのか?仕事の結果なのか?)が明確だと、少しずつその切り替えにも慣れてくるのかもしれません。以上、本日は、自戒を込めて書いてみました(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。