スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.01 営業担当者向け講座

 

eigyou.jpg

2008年09月01日(月)は営業担当者向け講座を行いました。対象は30代男性社員の方達です。皆さん、キャリアがあって今一番脂がのっている素敵な方達です。

誰かに助言や提案をしたいとき、通常は「自分の思いをいかに相手に伝えるか」を主眼にコミュニケーションしますが、今回は体験として、相手から受け取るワークとそうされたときの感覚を感じてもらいました。

今回の講座とは別な話になりますが、対人関係がうまくいっていないときは、相手と自分のエネルギーのバランスが悪いときが多いもの。またそのベクトルの向きのハンドリングも大事です。コーチングはよく「相手から引き出すノウハウ」と言われるときがありますが、私は「コーチが相手から引き出す(主体→コーチ)」のではなく、「相手が自ら出力する(主体→クライアント)」という考えがベストだと思っています。そのために、ベクトルの向きと出力の主体を変えてみるのが今回のテーマでもありました。営業の方は様々なアプローチを身につける事によって、それが大きなご自身の武器となりますよね。

さて私の知人の会社では、上司達がコーチング研修を受けるとすぐにわかるそうです。なぜなら、翌日からすぐに「キミは5年後にどうなりたいの?」「キミはそのために何が必要だと思うの?」と、部下達にストレートに聞き始めるからだそうです(笑)。それを見た部下達は、「あー、コーチング研修を受けてきたんだ~^^」と、影で苦笑しているとか。

私の講座の参加者の皆さんがそうならないように、いつもメニューやトークには十分気をつけているつもりですが、はてさて私の思いは皆さんに伝わっているでしょうか?コーチングは「使って何ぼ!」のスキルです。この記事をお読みの皆さんも、ときには"引きのコミュニケーション"をぜひ試してみてくださいね!

※いただいたアンケートの回答は以下の通りです。

【1】今回の内容はあたなの当初のイメージと合っていましたか?合っていなかった方は、どの辺が違っていたか教えてください。(悪いことでも可)

○合ってました。イメージ通り(予想以上に)
○簡単な質問でも、相手とのやりとりが成立すること。(話を聞くだけ、もしくはちょっとした質問でも十分にやり取りが成立する)

【2】本日の感想をお聞かせください。

○とても参考になりました。自己啓発を思い出した。
○非常に面白かった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。