スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議ちゃんのキーワード

556300.jpg




先日、友人(女性)から、
「今の職場が辛い」という相談を受けました。


会って話を聞いてみると、
直属上司(女性)が不思議ちゃんで、
ペアを組んでいる(女性)同僚も不思議ちゃん。


普通の人と普通に仕事をするように物事が進ます、
スピードや業務効率や意思疎通の面で、
多大なストレスになっている、ということでした。


すごくわかります。
不思議ちゃんが一人いるだけで、
職場は本当に大変ですよ。


”ストレス”というのは精神状態のお話ですが、
要は、相手がこちらのイメージ通りに動いてくれないので、
何もかも、スムーズに行きません。


ですが、仕事なのでそのままにもできず、
結果的に自分が動く羽目になって、
大きな負荷がかかってくる、ということです。


昨日、聞いたのは、
リーダーさんなのに、
リーダーとしての動きが全くできないという件。


・自己判断せず、何を聞いても上司に聞きに行く
・必要な情報を必要なタイミングでスタッフに提供できない
・シフト作成や作業割り当てに時間がかかり過ぎ、いつもギリギリ


ペアを組んでいる女性は何をやっても仕事が遅く、


・注意しても早くなろうという意思が全く見えない
・どうすれば早くできるのかわからない
・助言に対して趣旨を理解せず勘違いな言動に驚く


企業さんの人材育成に関して継続的に関わったり、
クライアント会社さんの研修を定期的に担当している私としては、
その状況が非常によくわかります。


社員・スタッフの人材育成に関して、
担当者が大いに頭を抱えているケースというのは、
ほぼ100%、不思議ちゃん絡みです。


そこで、不思議ちゃんを読み解くキーワードを、
一つだけ提示します。


不思議ちゃんといっても、色々な性格の方がいますが、
共通して言えることは、思考も行動もコミュニケーションも、
すべてが「断片的」だとういうことです。


たとえば、上司から「応接室、掃除しておいてね」
と言われた場合、普通の人は、
結構、色々考えると思います。


(そういえば午後に来客がある)とか、
(棚に会社の資料が放置されていた)とか、人によっては、
(他に暇な人がいるのに、なんで私?)と不満に思うかも?


ですが、それらの情報を瞬時に統合処理して、
「今のうち、見える所だけを、手早く済ませてしまおう」
という自分なりの結論を導き出して実践します。


言われなくても、無意識に、
瞬時の状況判断で行動を選択しているわけで、
それが周囲の感覚と合っているので問題にはなりません。


でも不思議ちゃんは、それがあまりないんですよ。
そこまで思い至らないというか、
現状では、そこまで想起できない体質と言ったほうがいいです。


不思議ちゃんにとって、「掃除してください」は、
「掃除してください」以外の何物でもなく、
それ以外の情報がないと、動けません。


そこで自己判断して、ワックスがけから始めちゃうとか、
部屋の配置換えをしちゃうとか、
予想外の行動に出るときがあります。


そうすると当然、上司から「そういことじゃない」
と怒られますから、段々、自己判断が怖くなります。


他人に指示を出したり、何かを頼むときも、
どの情報があれば相手が動きやすいか?
ということを瞬時に想起できません。


だから、厳守すべき期限がある、とか、
社内の用事ではなく顧客からの依頼である、などの、
一番大事な情報を、ハズしちゃったりします。


相手にとって、何をどう伝えればよいか?
の類推を瞬時に同時進行できないので、
聞いた人が戸惑うような指示出しをします。


コミュニケーションも、内容が断片的なので、
職場では、とても齟齬が多くなります。


ですが、たいていの人は、
自分が不思議ちゃんであることには気づいておらず、
小さいころからの経験を通して自己価値だけが低い感じ。


そんな不思議ちゃんに、
こちらが思うとおりに、とりあえず何とか動いてもらうためには、
具体的な行動の指図が一番いいです。


目標や目的を伝えても、
そこで何かを類推したり、行動調整することができないので、
通常なら必要な情報は、彼女たちにはやや不要。


むしろ、「お客さんが来るから掃除して」ではなく、
「掃除機をかけて棚の上のあれとこれを片付けてね」
と、その通りに動けば怒られない言い方がいいでしょう。


不思議ちゃんの上司に対しても同じ。


「企画書、見ておいてくださいね」と言っても、
そのあいまいな表現では、たぶん動けません。


極端な言い方をすれば、
「見る」→確認、チェック、間違いの指摘、内容の精査、
ということまで、系統だった一本道にならないんですよね。


だから、「文字の間違いをチェックしてください」とか、
「採択可能な案かどうか、考えを聞かせてください」
などと具体的に言えば、着手が早くなりますよ。


不思議ちゃんのキーワードは、
思考も言動も断片的、ということです。


平均的な人たちとは、違う感覚を持っているので、
普通の人と同じアプローチでは、
動かないし、育たないことが多いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。