スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講師の自己紹介は5分以内で

393373.jpg



最近、仲間内の勉強会に参加してよく感じることがあります。
それは、冒頭の自己紹介が長いこと!!!
ちょっと、長いんじゃないの?と思うぐらいの人は、
だいたい20分ぐらい喋ってますね^_^;


よっぽどファンが多くて、
講師自身に興味がある人ばかり、というなら別ですが、
たいていの学習系の勉強会は、
講師の人生なんかどうでてもよくて、
とりあえず、たくさんのことを学んで帰りたいと思ってくるわけですから、
自己紹介だけで何分も経っちゃうと、ちょっとね。


自己紹介が長くなる気持ちはよくわかります。


大勢の参加者が、自分の一挙一動に注目して、
メモなどを取りながら、熱心に自分の言葉に耳を傾けてくれるのは、
なかなか心地いいものです。


でも、あまりその状況に身を浸し過ぎちゃうと、
本当はみんな、学びに来ている、という本来の目的を、
つい忘れがちになっちゃうんですよね。


慣れた講師は、その辺を熟知して自戒しているので、
シンプルで短い自己紹介が多いわけですが、
逆に考えてみると、自己紹介が長い講師というのは、
一部の例外を除き、参加者のためというよりも、
自分にために話をしているのでは?と思ってしまうこともしばしばです。


自己紹介というのは、勉強会の導入部分で、
講師がこれから話す内容の根拠づけにもなりますが、
「いま、なぜ、自分が講師をしているのか?」
「どんな目的でどんな勉強をしてきたか?」が、
簡単にわかる程度でよいと思います。


どうしても外せない説明があって長くなりそうな方は、
自己紹介だけを一枚の紙に箇条書きでまとめて、
「詳しくは資料をよんでください」だけでもいいと思うんですよね。


その内容のどこかが、参加者の興味・関心を引けば、
必ずその人から反応が得られますから、
それは、のちのお楽しみとして取って置いて、
さっさと本題に入ったほうが、いいのではないかと思います。


私自身も、自己紹介は、
PowerPointのスライド2枚で、
(一枚は箇条書きの文章、一枚は活動の写真集)
項目だけ読み上げて、3分程度で済ませるようにしています。
(場合によっては、写真だけのほうを使って1分以内)


たいていの参加者にとって、
講師が話す内容には興味があるけど、
講師自身には興味がない。
まずそう思って進めたほうがよいと思います。


だらだらと自己紹介を続けていると、
自己顕示欲が強い人かな?
他人に受け入れてもらいたいのかな?
人気者だと勘違いしているのかな?
などと、余計な疑念を参加者に抱かせちゃって、
会場の集中力を下げると思うんですよね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。