スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人さんはまず「心構え」に同意してもらう

j0370210.png



新入社員が職場にやってくる季節になりました。
この時期、指導する先輩達は大変ですよね。
業種によっては教える事柄が
山のようにあるかもしれません。


教えるほうは、一刻も早く独り立ちして欲しいので、
社内PCや各種機器の使い方、電話の受け方や、
事務処理など、日常の現実的な手順から
教えている方も多いと思います。


ですが、その前に必ずやっておくべきことがあります。
それは仕事人としての心構えに同意してもらう事です。
この時期を外すと効果がないからです。


心構えというのは、仕事への姿勢という意味です。
また伝統的な職場カラーや社風なども、
この時期にきちんと伝えておくといいと思います。


「うちは”仕事は自分で覚える”という風土」
「この会社は上下関係のマナーにはうるさい会社」
「新人には厳しい部門だからね」
「基本的に放置されるから、そのつもりで」


その是非はともかく、最初にそう予告しておくと、
新人さんの覚悟や意識付けにもなりますし、
今後起こり得る甘くない現実にも、
心の準備をしてもらえます。


また「こんなはずでは」という不満や
モチベーションの低下も抑止しますし、
メンタルの強化にもつながります。


大事なことは、
そういった「心構え」はこの時期しか伝えるチャンスがなく、
素直に同意して「頑張ろう」と思ってもらえるのも、
この時期しかないということです。


そしてそれを、
入社式で壇の上から社長が言うのではなく、
現場で身近な先輩が目を見てきちんと伝えることが、
とても重要です。


不要にプレッシャーをかける必要はありませんが、
どこかで、リアルに気を引き締めてもらわないと、
あとあと、いいことがありません。


時間が経過してから「最初に言っておくべきだった」
と思っても、その頃はもう、
よろしくない仕事のスタイルが身についてしまっていたり、
先輩の言葉に素直に耳を傾ける真摯さもないですし、
先輩は先輩で今まで何も言わずに黙認してきた事を、
今になって突然言うのも何かと億劫で、
つい言いたい言葉を飲み込む結果になりがちです。


ですが、そういう事柄ほど、
実は仕事を進めるうえで、
大事なことが多いのではないでしょうか。
 

 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。