スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言にしないで

図4



先日夕方ロッテリアに行ったら、
店内が結構混んでいて、
それでもよく見ると2~3席空いていたので、
目当ての席に近づいてみると、
椅子の上に薄いフリーペーパーが二つに折られて、
バサッと置いてありました。


前の人が読み捨てて行ったのだと思いましたが、
一心にスマートフォンをいじっている
隣の席の男性(オタク風)の持ち物かも知れないので、
念のため「これをよけてここに座ってもいいですか?」と尋ねると、
何を言われているかすぐにわからない様子でした。
「これは前の人のでしょうか?」と、もう一度聞き直すと、
何も言わず(わからない)という感じで曖昧に首をひねりました。


忘れて行ったのかもしれないな・・・


思い出して取りに来たらすぐに渡してあげられるように、
捨てずに横に置いたままその席に腰を掛けると、
目の前に人が立っていて、
「それ…」とフリーペーパーを指さしました。
彼氏と一緒の若い女性でした。


「あ?これ、忘れて行ったんですよね?
ここにありましたよ、はい、どうぞ。」
とそれを手渡すと、ひとこと、


「取られた。」


えっ?一瞬フリーペーパーの話かと思いましたが、
そうではなく、
それを置いて席を確保していたみたいなんです。
見たら確かに男性のほうが、
飲み物を乗せたお盆を持っていました。


あー、そういうことだったんですね!!!
すぐに意味が飲み込めて、大変申し訳ないと思い、
「すみません、ここ、取っていたんですね?
ごめんなさい、どうぞ、どうぞ」と、
席を代わろうとしたんですが、
彼女はそれには応えず、こちらを見もせずに、
彼氏のほうにブツブツ不満を述べながら、
向こうに行ってしまいました。



私は妙に後味が悪く、もう一度、
「あの…席、ここいいですよ?」を声をかけると、
彼氏のほうが人のよさそうな人で、
「いや、いいんですよ、大丈夫です。」と、
笑顔で答えてくれたので少し救われました。


それにしても、人に向かって、
「取られた」と吐き捨てるようにつぶやいて、
黙ってそのまま向こうに行っちゃうなんて、
失礼だし、とても感じが悪いです。
常識のありそうな雰囲気の女性だったので、
なおさら違和感を覚えました。


私の勘違いなので、
「そこの席、取っていたんですけど…」と、
ひとこと言ってくれればお詫びしてすぐに代わったのにな。
面と向かって嫌味のひとつでも言われた方が、
まだましな気分でした。


そもそも、
そのために置いたフリーペーパーだとわかっていれば、
それをどけて座ったりなんかしませんよー!
それが誤解のまま終わってしまったから、
私も嫌な気分になったんです。


    *    *    *    *    *    *


そういえば最近の若い人達は、
「関わって解決する」という事に後ろ向きだね。
前に書いた内容とも少しリンクしますが、
自分から人に関わるぐらいなら、
未解決のほうを選ぶ傾向があると思います。


でもそれだと日々を生きていくチカラが段々弱くなっちゃうよ?
自分が正しいと思うなら、そう主張できる手段を持たないと、
他人任せ、成り行き任せの人生になっちゃうと思います。
それで、◯◯のせいでうまくいかない、失敗した、できなかった、
というなら、その前に自分でも出来る事あるでしょう?
と、つい思ってしまいますが、
これがいわゆる「年」というものなのかしらね。


言いたい事があるなら、相手のいない「独り言」にせずに、
言いたい相手にきちんと伝えて欲しいよね。
それは相手の善意や誠意を信じていないってことだからさ。












関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。