スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

021.誰も名前を覚えていない店

 

先日、長男が「先輩に連れて行かれた店のラーメンがとても美味かった!」というので店名を尋ねたところ、「忘れた。覚えていない。」と言うんですよね。そこで何かヒントはないか再度質問したところ、特徴的なキーワードが何点か出てきたので早速ネットで検索。言葉や組み合わせを変えて何度か引き直したらすぐに出てきたので、お店の名前はすぐにわかったのですが、友人にその話をすると彼女は私の話をさえぎり「あ!知ってる!行った事あるそのお店!」


ところが彼女も店の名前は「あ、覚えていない。忘れちゃった…」と言うんですよね。


また別の日、研修を担当している新人さん達のネット検索の課題にぴったりのネタ!と思い、私は先日の長男の話をそのまま伝えて「さぁ、今のヒントからお店のサイトを検索で探して見ましょう!」とゲーム感覚で出題したところ、女性の新人さんがすぐに引き当てたのですが、その彼女もまた「あ!あ!そういえば私、行った事があります、このお店。」「え?じゃ名前を知っていたの?」「いえ、全然。今ふとこのページ見て『そういえば…』って思い出したんです!」


えー(笑)。どの人もおいしいと口をそろえて言うのに、尋ねると誰も名前を覚えていないなんて、もったいなくないですか?このお店。


私はホームページを見て、自分なりに思いつく理由があったのですが、実はこのお店の店名って"ぱっと見"で読みにくいんですよね。当て字はあれど決して難解な漢字をつかっているわけではないので、よーく読むと、「あ、○○って言うんだ…」とわかるのですが、たとえ一瞬でも一文字一文字を目で追って考えるという作業なのでわずに時間がかかるし、店名をそのままデザインしたロゴも一瞥してすぐに読めないので、音として記憶に残りにくいのじゃないかなぁ。個人的には、ロゴの中にひらがな(読み仮名)も併せて配置するとか、考えなくとも見ただけで店名がわかるといいのにな、と思いました。


凝りもひねりも大事ですが、"ぱっと見"の親切さも大事ですよね。ラーメンは時間をかけてじっくり堪能するメニューではないので、長男や友人や新人さんは、店名が目に入っても音声のない単なる画像として処理してしまったのかもしれませんね。今回は、3人が3人とも「行った事はあるけど名前を覚えていない」と、口をそろえて同じ事を言ったので、興味深く感じて記事にしてみました。

そういえば駅前のケンタッキーのビルや仙台駅構内に「麺飯甜」という中華家さんがありますが、私はここもいまだに読めません(笑)、口に出して名指しできないので、「ほら、どこそこにある読み方のわからないあの中華料理店」などと、説明くろうします。中華屋さんはなるべく一発で読めて理解できるわかりやすい店名をつけてほしいものです。^^


さて、長男と友人と新人さんが一様に「名前は覚えていない」と言ったこのラーメン屋さんは、いったいどこでしょうか?(笑)太白区にあるお店ですよ?

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。