スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人称のススメ

チームワーク_w250



先日の研修のアンケートで、
「組織は一人でも変えられる」と言う言葉が、
一眼印象に残ったという感想を書いた方がいらっしゃいました。


その研修を行うに当たって担当者さんからは、
「ゴミが落ちていても誰も拾おうとしない、
そういうところでも自覚が欲しい」というお話を、
間接的に伺っていたため、個人個人の行動についても触れました。
そして「誰がやるの?」と思う前に、
気が付いた人がサッとやる事とその効果について話をしました。


会社の中での私達は、
色々な面で「他人事」の感覚で日々過ごしていると思うんですよ。
「他人に無関心な社風が嫌い」とか、「社長が変」とか、
「尊敬できる上司がいない」とか、
「志が低い」とか、「事なかれ主義の集まり」とか、ね。


そして「だからうちの会社は変わらない」という結論に至りますが、
それは誰かが作った自社のカラーと文化に、
好まざる思いで乗せられているという感覚だと思うんです。


では、その文化は誰が作ったのですか?と尋ねて、
社長さんから末端のアルバイト君に至るまで、
自分ではない他人を挙げるのなら、
その会社は一生変わらないことになります。


だって皆、それを他人事と思っているということだもん、
同時にいっせいにすべての全員が、
自分以外の人に何かを期待して動かないなら、
何も変わるわけないじゃん。
それどころか、野球の守備のお見合いのように、
お互いに誰かがやるだろうと思っていると、
思わぬところで落球しちゃうよー。


それを防ぐためには、
個人の役割って思った以上に大事で、
その辺に落ちているゴミひとつを取って見ても、
たまたま影響力のある外部の人の目に触れてしまい、
企業の評価がそれで落ちてしまうときもあれば、
気が付いた人がサッと処理したお蔭で、
何事もなく当たり前のように普通の1日が終わるときもあるわけで、
そう考えると、何事もなく平和な日々というのは、
一見なかなかそうは気づきにくいんですけれど、
ひとりひとりの個人の働きの積み重ねなんですよね。


その責任の一端をひとりひとりが皆担っている事を思うと、
組織に対して二人称や三人称を使っているうちはまだダメで、
一人称を使える人の割合が増えていくことが、
会社の体質やカラーを変えていくことだと思うんです。


人の資質は様々ですが、色々な会社の色々な職場を見ていると、
本当は明るく積極性もあって行動力もあるのに、
「リーダーじゃないから」「肩書がないから」と妙に周囲に遠慮して、
その人の良さが生かされていないケースをよく目にします。


「思っているならやってみたら?」と水を向けると、
そういった回答が出てくるのですが、それはちょっと違うと思うの。


「リーダーじゃない」「肩書がない」となぜできないと思うのか?
それは他人を指示したり注意することで現場を変えようと思っているからよ。
だから周囲の承認と権限がないと無理、と思うわけ。
そうじゃなくて、思った人が自ら規範を示す、
私はこれが一番だと思うよ?他人はどうあれ自分はやる、みたいな。
取りあえず人に求めず人に望まず、でも自分はやる、
それが正しいからやる、好きだからやる、真似して欲しいからやる、
その姿勢が周囲を変えていくと私は信じているの。


明るい挨拶もそう、他人への親身な声掛けもそう、
他の人は面倒がってやっていないサービス品質保持のための工夫とか、
お客様への気配りとか接し方とか態度とか。


だって、できない人のできない原因は、
周囲にモデルがいないことでもあるんだもの、
私がそのモデルになる!という思いで動いていれば、
そしてそんな人が一人でもいれば、
「会社は一人でも変えられる」はずです。
そんな話を、今日はしたかったんです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。