スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外部講師なら嫌われても言える

IMG_0511t_w400.jpg



今日は「心配りのひけつ」というテーマで、
お客様対応の心がまえと工夫についての研修を行いました。


ビジネスマナーやお客様対応に関する研修内容でお伺いする時には、
普通は言いにくい事でも言葉に出して伝えようと心に決めています。
それは今目の前に起こっている事に対してその場で指摘するほうが、
時間をかけた座学などよりもずっと効果があるからです。
もちろん悪意はありません。誤解されるときもありますが、
私の仕事は知識を教える事だけではなく、
参加者の明日からの行動を変える事なので、
少々悪く思われても、結果が変わればそれでいいのでは?
と思ったりします。


「言いにくい事」というのは、
挨拶や返事や上下関係の振る舞い等です。


たとえば挨拶や返事はビジネスマナーというだけでなく、
お互いの良好なコミュニケーションのためにも重要ですが、
それができていない特定の社員の方が気になっても、
先輩や上司はなかなかそれを毅然と注意できません。
なぜなら一歩間違うと「俺を尊敬しろ」と言っているようで、
人間関係を重視する人ほど躊躇してしまう現実があるからです。
そして私自身もそうだったからです。


講師として色々な会社さんをご訪問していると、
外部講師への接し方や振る舞いにも大きな差があることがわかります。
経営者さん自らが荷物を持って先導してくださるときもあれば、
話しが通っておらずに受付でしばらく待たされるときもあります。
到着してすぐに応接間に通され、
現場のリーダーさんを紹介されるときもありますが、
「会議室は向かって右ですから」などと言われて、
業者さんと同様に扱われることもあります。
私はそれでも構わないのですが、心の中では、
(今日の研修のいいネタが出来た!(^_-)-☆)なんて、
思っちゃいます(笑)


恰好の突っ込みどころは、
時間になって研修会場に三々五々やってくる、
社員の皆さんの入室の様子です。
私は研修でPCを使うので皆さんよりも先に部屋に入り、
接続などの準備を進めている事が多いのですが、
ほとんどの場合、そのときにどなたも挨拶をしてくれません。
だいたい気の合った数人でしゃべりながらやって来て、
入口で講師をちら見、
その後部屋の奥のほうで仕事の話の続きなどをしながら、
用意された席は当然奥から埋まっていきます。
開始しても最前列付近は空席で、
遅れて来た人が一番前に座る羽目になります。
(とってもよくある光景ですよね!)


参加者の心情を考えると自分も共感できることですが、
でもね、と切り出します。
「今日はマナーの研修ですよね?思いやりや気配りの研修ですよね?」
「皆さんにとって今日の私は外部から来た『お客様』でもあります。」
「でも、皆さんの誰からも挨拶されてないし、前の席には誰も座らないし、
勉強会なのに前から座るように指示出しするリーダーさんもいません。
遅れて来た人が研修中に皆さんの前を横切って最前列に座るのは、
皆さんも集中力が落ちますが、ご本人だってやりにくいはずです。
本当のマナーや思いやりって、実はこういうところからなんじゃないですか?」


嫌な講師ですよね~、超感じ悪い講師ですよね~(笑)
けれど、いーの、いーの、わかってやっているんですから。
一人でも二人でも、「あ、そうか」「なるほど」と思う方がいて、
その人達の考え方と行動が明日から少しでも変われば、
私はそれでいいんです。
毎日接しているわけでないから嫌われたって別にいいんです。
それが「外部講師」の強みでもあるわけです。


新人研修をしていても、先輩達との差を歴然と感じるときがあります。


例えば、プロジェクター使用時の部屋の照明のONとOFF、
例えば、全員にプリントを配るとき、
例えば、休憩時間にホワイトボードを消しているとき、
例えば、終了後の後片付け、
そんなときでも、気配りのできる先輩達は、
お願いしなくても自分から進んでお手伝いしてくれます。
でも、新人さんはまだまだ受け身だから黙って見ているか、
そもそも自分から進んで手伝うという発想と感受性がないんですよね。
そういうところにも、突込みを入れていきます(笑)
だって、そういった行動がのちのちの自分の、
職場での評価に繋がっていくと思うから。
周囲の信頼を得るということは自分を守る事でもあると思うから。


攻撃は最大の防御なんだよ、やっぱり。
人間関係で体調を崩す人はこの辺ができていなくて、
周囲に誤解や敵が多かったりしますが、
もうちょっとだけ相手を承認する言動が増えれば、
皆もあなたを仲間として受け入れてくれるのに…と、
胸を痛める事も多いんです。
だからそうなる前に、今のうちに、
「こういうとこ、大事!」って、伝えておきたい。
例え「何この人?何様のつもり?」って思われたとしてもね。


    *    *    *    *    *    *


もしあなたが、今後私が研修を行うお仕事先の担当者さんだったら、
今日の日記はちょっとだけ内緒にしておいてね^^
成長の段階では身内以外の他人に、
「ここができていませんよ」と言われる経験も必要ですが、
今はそれをやってくれる人が社内にはなかなかいらっしゃいません。
だったらその役をお引き受けするのも、自分の仕事のひとつかな?
と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。