スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を採用したいですか?

面接_w250



先週はハローワークで障害者と支援者の方達の、
面接対策講座のお手伝いをしました。
今週は水曜日に職業訓練の皆さんの就職対策講座を行います。


私は前職でスタッフを採用する立場にありました。
在職時にお会いした人の数は300人を下らないと思います。
コールセンターでしたので、学歴や資格よりも、
「お客様ときちんとコミュニケーションが取れそうな人か?」
という観点でたくさんの人とお話をしてきました。


そこでよく見ていたのは、
実は質問に対する答えの内容ではなく、
答え方のほうなんですよね。


言葉の隅々まで正しい敬語を使って、
ありきたりな模範回答をする人よりは、
こちらの表情やリラックスした感じを読み取って、
自分も少しだけカジュアルな感じになって話してくれる人は、
相手に応じて接し方を変えられる人だろうな、と思ったし、
気を許して少しだけ本音を述べてくれる人は、
その本音のほうに共感してつい聞き入ってしまったりしました。


今、未就業の皆さんの就職対策講座を担当して思う事は、
「評価される側」としての発想が強すぎて、
担当者の視点を全然感じ取ってくれていないのでは?
ということです。


「立派な回答をしてそこそこの人物と思われたい」
「仕事ができる人に見られたい」
「適切なアピールをしてぜひ採用されたい」


よく考えたらこれってすべて、
「◯◯されたい」という発想ですごく受け身でしょ?
しかも相手にお願いしているんですよね。
そんな雰囲気がにじみ出る応募者を、
採用担当者は果たして、
採りたいって思うでしょうか?ってことなんですよね。


たとえば皆さんが、部活やサークル活動の先輩で、
新年度に新しい後輩が入ってきた時に、
どんな後輩ならうれしいですか?


まずはその活動が大好きでやってきた人だよね。
それと何か頼んだら喜んでやってくれそうな人。
無愛想で何を考えているかわからない人よりは、
笑顔で明るくて人懐こい人がいいよね。
そうでなくても、しっかりしてそうな人や、
挨拶がきちんとできてやるべきことは淡々とやる人。
大人しいけど芯の強そうな人?


どっちにしても、先輩に好かれようと思って、
よいこの発言ばかりの人や、
心根があまりよく見えない人は、
なんとなくとっつきにくいでしょ?
あんまり一緒に活動したくないよね。


私、採用も全く同じだと思うんです。


自分をどう見て欲しいのか?
どう見られたいか?ばかりを気にするよりも、
相手にどう映るか?自分の好ましさをどう出すか?
つまり一度、採用する側の気持ちに立って、
「人」をよく見てみるといいと思います。


私はいいことを話そうと思って、
何か問いかけても下を向いて必死にカッコいい回答を探す人よりも、
少し不完全な内容でもすぐに答えてくれる人の方が好き。


何度も練習してきた長くて立派な志望の動機を、
こちらの相槌をうつヒマもなく、
読み上げるように一気に話す人よりも、
(本にはNGと書いてありますが^^)
「家が近いのでちょうどいいと思いました」
なーんて人の方が好き(笑)


※「家が近い」のは通勤が安定していることなので、
急な残業や休日出勤もやってくれるかな?などと思っちゃう。



無難な回答をそつなく述べる人よりも、
照れながらでもオリジナルな考えを述べてくれる人の方が好き。
多少スマートじゃなくても、
仕事へのあこがれや熱意がにじみ出ている人の方が好き。


尋ねてもいないのにあれこれと難しそうな事を、
知識を誇示するように延々と語る人よりは、
「わからないけどぜひやってみたい」
「経験はないけどやりたかった仕事なんです!」と、
目をキラキラさせてくれる人の方が好き。


もちろん業種にもよりますが、自分でそう思った時にね、
私が若い頃に経験してNGだった面接は、
そういえば、全然ダメダメだったなぁ…と思うわけです。


私は独立当初、今の仕事がなかなか立ち行かなくて、
ある仕事に応募して面接を受けたことがありました。
そのときは、自分のそんな経験を生かして臨んだら、
見事に合格したんです、倍率高いのにやったー!


(でもやっぱり今の仕事がしたくて、
ここであきらめたらダメだ、と思いキャンセルしました。
当時の皆さん、本当にすみません。。。)


なのでこれから採用面接を受けられる皆さんは、
一度でいいのでぜひ採用担当者に気持ちになって、
「自分を採用したいかどうか」と自問して欲しいんです。
あなた自身が今そのままの雰囲気で、
採用担当者としてのあなたの前に現れたら、
あなたはあなたを採用しますか?


そう考えてみると、どういう態度で接したらよいか、
どこをどう直したらよいかが、
自然に見えてくるのではないかと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。