スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとこと足りない

玄関



先日、民家を改造したある小さな介護施設を、
打合せでご訪問したところ、
玄関で応対に出てくれた若い女性スタッフの方が、
「所長は二階なんで。」って言うんです。


「今降りてくるから少し待って欲しい」
という意味かな?と思ってその場に留まっていると、
どうやらそういう意味ではなさそうです。


「あ、上がって中で待っていた方がいいんですね?」
と言いながら靴を脱いでいつも通りに玄関わきの、
打合せコーナーに向かおうとすると、
「あ、今、二階なんで」って制止するような感じで、
また言うんです。


???一瞬真意を測りかねましたが、
すぐに以前のある話を思い出して、
「二階に行けばいいんですね?」と確認すると、
「はい」とのこと。


ですが私は、こちらの介護施設さんでは、
1階の打合せコーナー以外はよくわかりません。
それに一人で勝手に階段を昇って行くことにも、
ちょっと戸惑いを感じたのですが、
説明も誘導もしてくれないみたいだったので、
「この階段を昇ったらわかるんですね?」と念を押して、
不親切だなぁと内心思いながら、階段を上りました。


実はこの介護施設さんでは、
二階に家族との面談ルームがあります。
そこは元々物置だったのですが、
ご家族との面談ではナーバスなお話も多く、
話しながら泣き出す方も多いため、
プライバシーを守るためにそのような小部屋に改造した、と、
女性の所長さんがおっしゃっていたのを思い出したんです。


階段を上がっていくと、ニコニコと所長さんが、
ドアを開けて「こっち、こっち!」と手招きして待っていて、
「今日はスタッフに聞かれたくないので、こっちにしたの。」
とウインクして迎えてくれました。


そういうことか!と合点がいきましたが、
それにしても先ほどの女性スタッフさん、
ちょっと言葉が足りないですよね。


たぶんこの施設さんではよくあることで、
「所長は二階」と言えばたいてい伝わるのかもしれませんが、
私は打合せコーナーしか知りませんし、
所長さんの以前のお話を思い出さなければ、
事情も飲み込めなかったと思うので、
せめてひとこと「二階にどうぞ」とでも、
言ってもらえればよかったのにな、と思いました。


    *    *    *    *    *    *


最近、色々な会社さんをご訪問して感じるのですが、
受付時のご案内が言葉足らずのケースが、
すごく多いように思います。


昨日も、あるオフィスビルの高層階にある、
お仕事先に打ち合わせで伺ったのですが、
今時のオフィスらしく、入口を入ると、
ドアのある狭い空間に電話機が一台しかありません。


受話器を取って指示されたように内線をかけると、
「少々お待ちください」と言われて、
担当者に私の来訪を告げて指示を仰いでいるのかな?
と思っていたら、電話、ガチャ、と切れちゃいました^^


間髪おかずに担当者さんが「どうも!」と現れたので、
迷わずにすみましたが、この場でも、
「担当者がただいま参ります」と、
ひとこと言って欲しいですよね。


この頃この応対が本当に多いんです。
この会社は派遣会社さんなので、
派遣登録や面談などで、
利用者の方の出入りが多いため、
自然とそういった流れになっているのでしょうが、
初めてのご訪問だと勝手がわからないので、
やっぱり戸惑ってしまいます。


たぶん、お馴染みさんが多い事業者だと、
きっとそうなっちゃうのだと思いますが、
相手がそうなのか違うのか見極めて、
その人に応じた対応をしてくださると、
うれしいんだけどな。。。


昨日は午後も打ち合わせがあって、
同じように入口で総務に内線をかけたのですが、
この会社さんは「それでは3階にお越しください」と、
きちんと言ってくださいました。


大切に扱われたいというのではありません。
お客さんが判断に迷ったり不安になるような、
情報不足のご案内は、敬語や礼儀以前の問題で、
とっても不親切だと思うんです。


別にスマートな敬語でなくても丁寧な言葉遣いでなくても、
「社長は上にいますから、そっち行ってくださーい」
で良いんですよね。それがあるだけでとても安心するし、
ビジネスの現場でお互い無駄なく効率よく動けます。


そういった小さな配慮こそが、
本当のビジネスでのマナーであると思うんです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。