スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分を変えたい」?



今日は久しぶりにAM6:00から朝活に出かけて
以前から興味があった加藤潤子さんの、
「開運筆跡術セミナー」に参加して来ました。


実は以前、仙台リビングで読んだ、
加藤さんの開運筆跡術の記事がなかなか面白くて、
(しかも当たっていて!)
それ以来私は、
「なるほど、こういうところにも気を配らないと!」と思って、
字を結構意識して書くようになったんですよね。


(おや!なんと当時の記事がPDFがネットにありましたよ!
http://www.citywave.com/sendai/pdf/upload_data/081219_12.pdf


加藤さんはそのときすでに、
何度かお会いしたことのある方でしたが、
あまりじっくり言葉を交わしたことがなく、
開運筆跡術にも興味があったので、
前からまたお会いしたいな~と思っていたんです。
終了後のコーヒータイムで加藤さんの隣に座り、
今日は色々お話をさせていただきました。


加藤さんが開運筆跡に興味を持ったきっかけは、
「自分を変えたい」と思っていたときに出会ったからだそうです。


あ。


そのキーワード。「自分を変えたい」


私、その言葉に少し複雑な思いがあるんです。


というのは、私自身は今まで「自分を変えたい」とは、
思った事がないんです。
けれど個人コーチングのご依頼をいただくクライアントさんの中には、
そういう方も結構多くて、なのに自分はそう思った事がないので、
心から同意して、深く共感してあげることができないんですよね。
そこが自分の「弱み」のひとつかな?などと思うこともあり。。。


だから、「自分を変えたい」のセリフには、
今以上に真相を確信を私なりにつかみたい思いがあって、
つい反応してしまうんですよね^^


加藤さんとコーヒーを飲みながら上記を話をしたところ、
「え、でも笹崎さんだって筆跡を変えて、
『自分を変えたい』って思ったんでしょ?
『自分を変えたい』から筆跡を変えようと思ったんじゃないの?」


おー!なるほど。確かに。
加藤さんはとても的確に人を見る方だなぁ。。。
講座も面白かったですが、お話も興味深いです。


いや、でも待てよ???
なんか個人的にはニュアンスが違う気がする。


私はそのときの自分の心情を思い出してみました。
そして思い出しました!


「加藤さん、やっぱ違うかも。
私、ご利益が欲しかったの。
こういう字を書いているからお金が入って来ないんだ、と思って、
それで筆跡を気にするようになったんだよね。
今、言われて気が付いたけど、
『自分を変えたい』という根本的なものじゃなくて、
字を変えてお金が入るなら、望むところだ!みたいな。」


女性同士の話なので、
その後話題が変わってしまいましたが、
帰りの車でそのことをずーっと考えていました。


私が「筆跡変えたらお金が入るかも!だったら変える!」
と思った気持と、
クライアントさんが、「自分を変えたいんです」というのとは、
同じものなんだろうか。
なんか違う気がするんだよね。


あ、そうか。背景が違うんだな。
私はダメダメなところがあって短所も多いけど、
それでも自分の事が好き。
でもクライアントさんは自分の事をキライだったりする。


それともうひとつ思い出したのが、
今日、自分がやったリーダー研修のDiSC講座。


DiSCはわかりやすい言い方をするなら、
いわゆる「タイプ分け」ですが、そこでの、
・環境を好ましいと思うか、好ましくないと思うか?
・自分自身は環境より強いと思うか?弱いと思うか?
という分け方で、
環境を好ましくないと思い、かつ、
自分自身は環境より弱いと思う人は、
環境を変えるのは困難だから、
「自分を変える」ことで現状を脱出したいと、
思うのかもしれないね。


私は上記で言うと、環境を好ましいと思い、かつ、
自分自身を環境より強いと思うタイプなんですけど、
まぁ、文字にして自分で読んでみてもわかりますが、
明確な変えどころが万が一あったとしても、
それでも自省の念がなく、「自分はこれでいいもんね」と、
不遜にも思ってしまうタイプなのかもしれません。


前述のPDFを見てみると、日付はまさに2008年12月19日。


独立したばかりですごくお金がなくて、
でもお正月は近いし、
たぶん、「いやぁ、この先どうしたもんかな…」と、
不安に窮する思いでこれを読んだと思うんだよね。
だから、どんな事でも「お金が入る」のなら、
やってみたいと思ったんだわ。


要するにピンチ。要するに苦しい。。。
それでも「これじゃダメだ」とか「変わらなきゃ」とかは、
思わないんだよね^^
楽観的というのは、そういう事なのかもしれません。


本などを読むと、
こういうことは自己価値(セルフイメージ)の大小と関係しているなど、
色々理由はあるようですが、
「自分を変えたい」という思いも、
脱出したい事柄に遭遇しても万人がそう思うわけではなく、
こういったこともそこに至る人と至らない人では、
タイプが分かれるのかもしれません。


で、また思ったんですけど、
そう思わない人の方ほど、本当は、
「変えなければいけない」要素を持っているのかもしれないね。
そう思いがちな人は、逆に本当はそのままでいいのかもしれません。


今日はDiSCの研修でした。
みんな、どんな風に感じてくれたかな。


お互いの行動傾向や価値観の差を認めて承認し合い、
豊かな人間関係と職場環境を築いて欲しいですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。