スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確信が行動を変える

kakushin_koudou_kaeru.jpg

最近私の友人がよくPCを持って自宅に来ます。
友人達の目的はブログやTwitterやFaceBookで、
根本的な疑問や、「○○したいけどできない」「××はどうするの?」
といった質問の解決のためにわざわざ訪ねて来てくれるんです。

 

私はものすごく詳しくて専門的な人に比べたら全然詳しくありません。
ですが、私や私の友人達が思いつきそうな疑問は、
検索すればたいていネット上に答えが見つかるので、
だいたいはその場で解決できます。

 

友人達は皆、たくさんの疑問をノートなどにリストアップしていて、
「これはどうするの?」「じゃ、これは?」と、
全方位360度の角度から様々なご質問をいただくのですが、
自分もよくわからないときにはすぐに検索して調べてみます。
ネットって本当に便利ですよね。

 

よく「何を聞いてもどうしてそんなにすぐにわかるの?」と言われますが、
ネットに慣れた方なら、それは誰でも皆同じだと思います。
それは「答えはネットの中にある」とわかっているからなんです。

 

だから、「検索を使えばたいていの情報は得られるよ?」と答えますが、
そこで検索の達人になっていく友達は少ないようです^^
ま、身近にすぐに教えてくれる人がいれば、
確かに何が何でも自力でとは思わないかもしれないですね~

 

今までも何度か書いているように、
私の前職はプロバイダーのコールセンターの統括SVでしたが、
(でも所属は派遣会社。形式上は派遣会社の社員として出向の扱い)
入った時にはダメダメスタッフで本当に何もかもがよくわからなくて、
なんでもよく知っている同僚達が神様に見えました。

 

なので私も同じように友達のAさんに尋ねました。
「なんでそんなによく知っているの?どうやって調べるの?」

 

するとAさんは、「え?いやほら、こうやって検索して…」と、
的確なキーワードを組み合わせて入れて、
知りたい情報がリスト表示されるのを見せてくれたんです。
そんな事を何度か繰り返して、
私も、「検索って、こりゃすばらしいものだな」と痛感するようになりました。

 

ユーザー対応時には様々な事情で周りの人に質問できないときがあります。
SVがいない!SVが他の対応にかかりきり!
他の人も皆手一杯で誰も空いていない!
掲示板にはつながるのを待っているお客さんの数が一杯で、
「待たせ過ぎ」のアラームもがんがん鳴っている!

 

そんなときにお客様の口から、
聞いたことのない仕組みやソフトウェアの名前が飛び出し、
「うわ、なんだそれ?」と大いに焦っても誰にも聞けないので、
お客様とうまくお話をつなげながら、
手元では必死に検索を繰り返して調べているわけですね。

 

    *    *    *    *    *    *

 

そんな経験を持っているので、
今は知らない事柄が出てきてもあまり困らないし、
それほど怖くもないんです。

 

そのベースになっているのは、
「調べればあるだろう」「見たらわかるだろう」といった、
無意識の確信であり経験から来る希望的観測なんですよね。

 

例えば、ネット上で簡単に付けられる無料の会計のサイトはないかな?
と思って 「会計 フリー インターネット」 で探すと見つかりますし、
この二つの文章の違いがどこにあるかわからん!
そうだ!それを見つけてくれるフリーウェアはないかしら?
と思い 「文章 違い ソフト フリー」 と検索するとまた見つかります。
売掛管理と請求書発行が連動してできるソフトが欲しいと思い、
「売掛 請求書 発行 フリー ソフト」 と入れるとやっぱり出てきます。
結果的に経費をかけずに仕事を高速化できます。
私は個人のフリーランスなので、今はその程度で十分なんです。

 

同様にブログやTwitterやFaceBookの疑問も、
キーワードを何度か変えて検索してみると、
たいていビンゴなサイトに当たります。

 

だから他の人も、同じようにしてやれば、
わざわざ袋原くんだりまで来なくとも、
相当なところまで自分でできるのに…と思ったりするんですよね。

 

じゃ、そこでの違いって何?と考えたときに、
前述の「確信」の有無が大きな違いになっていると気がついたんですよね。

 

私は、「こんなことはたぶん他の人も疑問に思っているだろう」と考える、
「こういうソフトがあったら便利、と思って自作している人はたぶんどこかにいるだろう」
「こんな事をやってみたいと考えているヤツは他にもいるに違いない」

 

そして。

 

自分と同じく困った経験のある他の人のために、
「設定方法や解決方法をブログなどに掲載している人はいるだろう」
「こうするとこんな事が出来ますよ、と自慢したい人はいるだろう」…

 

そういった強い確信と希望的観測が、
私をサクサクと検索させ、キーワードを必死で考える力を与え、
決してあきらめさせず、執念(笑)を強化させてくれるんだなぁ。。。

 

だから「できるはず」「やれるはず」「わかるはず」という気持ちは非常に大事で、
それがあるから意欲を持って前に進んでいけるんですよね。

 

    *    *    *    *    *    *

 

先日、知っている方からメールをいただきました。
その方は、震災による津波で経営している施設や車がみな流されました。
津波が来たときの様子がとてもリアルに書かれていて、
そのときの状況がよくわかる内容でした。
自宅も床上浸水、農機具もすべて水につかり、
どうやって立て直そうかと思うと呆然とするそうです。

ですが、私達に必要なのは「頑張る」ことではなく「希望を持つ」こと、
と書いてありました。そうですね、希望があれば歩いて行けます。

 

そのためには、「できるはず」「やれるはず」の確信を持って、
私を含めた東北の人達が少しずつ心を切り替えて、
今よりももっといい未来を見据えて、わくわくと取り組んでいくような雰囲気、
そういった精神的な土壌が確立していけばいいな、と思いました。

 

確信の存在って、やっぱり気持ちと行動を変えると思うんですよね。

 


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。