スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いを指摘されても(転職編)

machigai_shiteki.jpg

先の記事を書いていて思い出したのですが、
先日、ある方達とお話をしていて、
雇用と年齢の話題になり、
「実務経験が豊富でも年齢の高い人は不利だよね」
というテーマが出ました。

 

ひとことで言えば「育てにくい」という結論であり、
間違いを指摘しても、
「言い訳から入ってすぐ謝らないよね。」というお話でした。
私もそれには共感するところがありました。

 

    *    *    *    *    *    *

 

それについてはいつも思う事があります。

 

職場は新しく入ったその方のキャリア云々よりも、
「その業務、その手段、その価値観」に慣れて、
他の方と同じレベルの戦力になって欲しいと思っているので、
そのための働き掛けをストレートに受け入れてもらえないと、
先輩指導者はやりにくさを感じてしまうんです。

 

また、相手の言い分に素直にうなずく行為は、
お互いの良好なコミュニケーションのためにも大切なことなので、
そこに適度なYESが返ってこないと関係もギスギスしてきます。

 

キャリアのある方が間違いを指摘されたときに
「それは知っている」「今回は△△だから間違えた」
「以前□□だったのでそうした」と真っ先に言ってしまうのは、
実は何よりも自分の事情を優先してしまっているんですよね。

 

コーチングでは相手の存在を認め尊重することを「承認」と呼び、
お互いの良好な人間関係に不可欠なものとして捉えていますが、
これが相互に行われていないと関係が悪くなるわけです。

 

自分の都合、自分の事情、
自分の立場を守ってしまう気持ちは当然誰にでもありますが、
それの度合いが強くなると、
相手は受け入れてもらっている気がしません。

 

また、早く仕事を覚えたい意欲が伝わってこないので、
過去に実績があっても、
人としての評価は低くなりがちです。

 

だから、少し怖くて少し不安で少しストレスがあっても、
間違いを指摘されたときに言い訳をせず、
シンプルなYESで対応することは、
相手の人物を承認してあげる行為であり、
実は「人とうまくやる」知恵だったりします。

 

そしてそれが業務、職場、ひいては会社への承認となり、
皆が初めてあなたを仲間の一員として認めてくれる、
きっかけになると思うんです。

 

これはやみくもにイエスマンになれというのでなく、
若くない方が転職を成功させるための、
ノウハウだと思ったほうがいいかもしれません。

 

会社だって仲間だって指導役の先輩だって、
みんな「自分を、自分達を認めて欲しい」と思っているんですから。

 

ズルく言っちゃえば、それに先に気が付いて、
振る舞いを軌道修正したほうが「勝ち」ってことです。

 

今から転職や再就職をお考えの「決して若くはない」皆さん、
その一点で私達は、
圧倒的な年齢差が自然に真摯な態度を作り出している若者達に、
「負けている」ということを、よくわかっていてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。