スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導目的はどこにある?

 

mokuteki_ga.jpg

 

どこの職場でも「困ったちゃん」や「不思議君」はいるものです。
周囲の皆さんの言い分はだいたい共通していて、
「言ってもやらない」「何度言っても直らない」「やる気が見えない」
こういったものです。

 

色々勉強してみると、勘違いが強かったり、
思い込みやこだわりからなかなか抜けられなかったり、
指示命令等の主旨を上手く掴めなかったり、
そういったところも顔かたちや手足と同じように、
個人差があるらしいのです。

 

それに関しては別の機会に譲るとして、
この「言っても言っても直らない」というお話を伺うと、
「言う」以外に、ほかに何をしましたか?
と尋ねたくなる時があるんです。

 

経験上、「言っても言っても直らない」人には、
それ以上「言っても」何も変わらないと思います。

 

「言う」というのはたぶん行動の指示や助言だと思うのですが、
「使ったら必ず元に戻してね」というお願いを、
何度言っても守ってもらえないなら、
その声掛け、その表現、その手法では、
効果がないとすみやかに判断すべきだと思います。

 

であれば、「元に戻っていないとこういう点が困る」というポイントでもいいし、
作業の終了後に必ず(しつこく(笑))「戻した?」という声掛けで、
習慣付けを支援してあげるのもいいし、
元に戻すところまでを明記した手順書を作って、
目に見える形で渡すのでもいいし、
作戦は色々あるわけです。

 

「戻した?」と都度声掛けをしても直らないときは、
今度はコーチング的に「どうしたら忘れないの?」と聞いてあげてもいいし、
「明日はできる?」と少々プレッシャーをかけてもいいし、
精神的に安定感のある人なら、ちょっと叱ってもよいし、
目につくところに、張り紙をして思い出すような働きかけをするのも、
いいかもしれませんよね。

 

「押してもダメなら引いてみな」とよく言いますが、
あれこれ試しているうちに、その人にヒットする施策が必ず出てくるので、
模索しながらそれを絞り込んでいけばいいと思うんです。

 

と書くと必ずいただくのが、
「そこまでする必要があるのか?」
「なぜ自分がそこまでしなければいけないのか?」
「できないのは本人の責任。自力で改善すべき」
などの感想です。

 

それは決して間違っていないと思います。
ですが私はその方のためにだけ言っているのではなく、
業務のスムーズな運用のためにお伝えしているんですよね。
その方がルールに従って動いてくれないと仕事に支障が出るし、
トラブルの原因にもなるので、
それは言い方を変えればリスク管理でもあります。

 

だから責任者・指導者側が努力し工夫する。
優しさや思いやりだけで言っているのではなく、
「人がきちんと動いてくれないと」困るのは会社だからです。
結果的に自分も窮地に陥ったりするするからです。

 

そんなことを考えると、「言っても言っても直らない」の裏には、
自分の働きかけに対して予想した結果が得られない不満足や、
相手が自分の言うことを聞いてくれない怒りや、
影響力を行使できずに自身の存在を軽視されている思いなどに、
多くの人がこだわっているのではないか?と思う時も。

 

そうすると指導側の方も、
その方法での目的達成に固執してしまいがちですが、
それって「全体の利益よりもあなた個人の利益を優先していませんか?」
と感じることもあるわけです。

 

人の育成は指導者のためではなく、
その人自身と職場のためです。
その人が一人前になることで、
周囲のスタッフの業務が軽減され、
業務効率もよくなるのであれば、
「できないのはお前の責任」などと言わずに、
少し頭をして関与の方向性を広げてみるのも、
ひとつの方法だと思います。

 

今現在は、
人の雇用や進退に関するあれこれは非常にナーバスで、
一度採用してしまった人材は、
「何とかして育てる」方針をとっている企業さんが多いと思います。
同僚の皆さんが「使えないならなぜクビにしないのか?」と、
不満を持っている職場も見聞きしますが、
それはとても難しいと思います。

 

「育てなければいけない人」を「育てるしかない」現状があるならば、
育てるためのスキルアップもリーダーさんには必要なんじゃないかしら。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。