スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格させるコーチング

 

goukaku_saseru.jpg

 

今日クライアントさんと話をしていて、
子供達が進学や就職で試験に合格していくために、
親はどんな風にすればいいんだろう、と考えていました。

 

私は受かった大学と落ちた大学がありましたが、
結果的に大学には行きませんでした。
どちらの大学にも今思えばあまり関心がなく、
かといってなりたい職業があるわけでもなく、
一応「来年も目指してみよう」などとは思ったものの、
当時の私は目標を立てて継続的に何かを実行することができず、
勉強などほとんどしないままふらふらしている状態で、
本当にすべてが中途半端だったと思います。

 

そんなとき親、特に母親に何をして欲しかったかと考えると、
「何になってもいいし、どんな人生でもいい」と言って欲しかったし、
どんな選択をしても認めて応援してもらえる確信を持たせて欲しかったし、
できればもっともっと、「ノセて」くれたらよかったかな。

 

うちの母は不安感が強い人なので、
何事もまず疑念から入るところがあり(笑)、
話をしていても内容が突飛だったり確実性がなかったりすると、
断固却下されて、
「もっとちゃんとした事を考えなさい」と怒られたものです。

 

ですが、私のような調子に乗りやすいタイプの人間には、
枠組みを決められてしまうとうまく自分を出せない傾向があり、
「これもダメ、あれもダメ」になると、その範囲で何かを決めるのではなく、
夢や希望そのものが思い浮かばなくなってしまうところがありました。

 

もちろん進路は自分で決めるものですし、
合格も不合格も自分の実力の結果でしかありませんが、
そのための努力を本人自身が心から欲しなければ、
全く行動にはつながらないわけで、
「自分はこんなことをしたい」「将来はこうなりたい」というイメージが、
希薄であれば当然結果も出ないわけです。

 

そしてそのイメージを作り上げる源は、
実は「社会貢献」とか「将来性」とかいう論理的なことよりも、
「カッコよさ」だったり「優越感」や「尊敬」だったり、
「安定への渇望」だったり「趣味の追及」だったり、
案外、感覚・感情的なほうがエネルギーが強かったりします。
私はそこにNGを下さず、むしろどんどん口に出してもらって、
親子で同じ気持ちで一緒に盛り上がるくらいのほうが、
いいと思うんですよね。ときには共犯者っぽくね(笑)

 

昨年長男と面接の練習をしていたときにまず聞きました。
「あなたはなぜこの仕事に応募したのですか?」

 

長男の答えは、社会がどうの、地域がどうの、といった回答だったので、
本当かな?とちょっと思って、
「私だったらカッコいいからなりたいと思うけど?」と水を向けてみたら、
長男の顔がパッと輝いて「そうなんだよ!カッコいいんだよ!」と、
急に人が変わったように表情が生き生きと変わったのが忘れられません。
思わず、「今のその表情のほうがよっぽど面接官にポイント高いよ!」
と叫んでしまったぐらいです。

 

また、次男は4科目がある資格試験で、
「受かるなら4科目全部一気に受かりたい」といつも言っていました。
有効期限内に一科目ずつ合格するよりも、
「ゼロから一気に100になりたい。
そっちのほうがずっとカッコイイし自慢できる。皆にすごいと言われたい。」
その言いぐさには非常に共感できたので、
「だったら目指そうぜ!」が合言葉でした。

 

何をやってもいい加減だった親に似ず、
長男も次男も共に志望の仕事に就くことができましたが、
二人とも色々な壁を乗り越えての結果なので、
私は本当に偉いと思います。(というか自分が恥ずかしい^^)

 

そして同じ年代だったときの自分と比べると、
やはり「念」みたいなものが全然違うんですよね。
明確だしブレないし、憧れがある!みたいなところで。

 

そういった事をストレスなく親の前で口にする事が出来て、
子供が自分で戦略を立てることが出来て、
その内容も親に話すことができて、
親も「なるほど、それはいい考えだね」と、
肯定して褒めて承認してあげることができたら、
子供はもっともっと変わっていくのではないかと思います。

 

そのためには、コーチングの知識って、
たくさんのお父さん、お母さんが、持ったほうがいいと、
私は思うんです。

 

コーチングって人をそうやって伸ばしていくノウハウでもあるので。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。