スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチングでは「シンプル」が響く

 

simple_ga_hibiku.gif

仙台でコーチングと研修講師の仕事をしている笹崎です。

 

昨日は一昨日に引き続きコーチングをテーマにしたリーダー研修でした。

 

交代勤務の職場のため、同じ内容を4回に分けて行っているのですが、
これで半分の方達が今回の研修を終えました。(お別れがちょっと寂しい…)

 

いただいたアンケートの感想が好評で大変うれしく感じるも、
それが今後の職場にどう生かされていくかが重要と痛感。
コーチングは「使ってナンボ」のスキルでもあるので、
ぜひ様々なシーンでトライして欲しいと思いました。

 

昨日は女性の参加者が多く、ワークやロープレも活気があって賑やか。
皆さんの前向きな姿勢が講座をどんどん充実させていくと感じました。
どうもありがとうございました。
残るはあと2回!まだの皆さん、楽しみにしていてくださいね。

 

    *    *    *    *    *    *

 

さて、コーチングでは「質問は短く」が基本なのですが、
これがなかなかできないケースが多いようです。

 

前置きが長かったり、説明的だったり、
コーチ側の感覚で助言や提案に多くの言葉を割いていたり、
よく聞くと自分の意見への賛同を求めていたり。

 

実は私もそうでした。
勉強会ではよく指摘もされました(笑)

 

ですが今になってみると、先輩コーチがなぜそう言ったのか、
すごくよくわかります。

 

トークが長いと、
一部始終を聞きとることに相手の注意力が集中されてしまいます。
すると「考える」ことよりも、「聞く」ほうの比重が増えて、
クライアントは受け身になってしまいます。

 

しかもボリュームがあると、
「……(略)……ですが、どう思いますか?」などと最後に突然振られても、
何のどれに対してどう反応してよいのか、
一瞬わからなくなるんですよね。

 

それよりは思いきって説明や前置きをすべてカットして、
最初から「○○についてはどう思いますか?」と、
ストレートに問われたほうが自分の考えを述べやすく、
思考力のエンジンもずっと回転数を増していきます。
それはクライアント役になって実際に比較してみると、
感覚としてよくわかると思います。

 

言葉が相手に与える力って、
長くなればなるほど、薄まっていくんですよね。

 

通常仕事では、不足や取り違えがないように、
説明は時間をかけて十分に行われるのが常だし、
ミーティングなどでも、自分の思いを相手に正確に伝えるためには、
どうしても言葉数が多くなってしまいますが、
コーチングでの質問はコーチの言い分を情報伝達するのではなく、
相手の思考スイッチをONにしてあげることなので、
いつものトークスタイルとは逆の発想になると思います。

 

これに関しては、ALL ABOUTでも、
非常に共感できる記事が載っていたので、
こちらもご覧になってみてください。
 

指示命令でも説明でも、
業務での会話は不足がないほうがいいわけですが、
ことコーチングに関しては、不足はあってもいいんです。

 

だけどなかなか切り替えられないですよね。
それに「本当にこれだけでいいの?」と、
話す側は不安にもなると思います。
でもそれでいいんです。
そもそも"いいかどうか"だって、
それはコーチではなくクライアントが決めることでなのすからね。

 

この発想が初心者の方には結構難しく、
どうしても長く語ってしまいがちですが、
何も考えずに思いきって試してみると、
思いもかけず、いい結果が生まれるときがありますよ!
ぜひ実践してみてくださいね。

仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング
仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング
仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング
仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング
仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング
仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング
仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング
仙台コーチング仙台コーチング仙台コーチング

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。