スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手の正体


nigate_shotai.jpg

仙台でコーチングと研修講師の仕事をしている笹崎です。

 

私は物事をがっちり両手で真正面からとらえ、
それだけを処理するような作業が苦手です。

 

なんだかいきなり難しい表現ですよね。

 

具体的には数字を扱ったり、
厳密なフォーマットに沿った公的文書を作成したり、
同じ手作業を繰り返したり、
手順書通りの作業したりするのが苦手なんです。

 

なので計算ミスはよくしますし、電話の掛け間違いも多いし、
そのため見積書や納品・請求書のたぐいは、
数字をはめ込めばよい簡単なものでも、
場合によってものすごく緊張します。

 

それは前述した自分の特質で過去に様々な大きな失敗をしたときの、
不安と恐怖と嫌な雰囲気が感覚としてよみがえるからです。
そして自分でも、無意識のうちにとんでもないミスを犯していたり、
それが他人が聞いたら「信じられない」と首をかしげるようなものばかりであるのを、
自分でよくわかっているからです。

 

だから簡単な作業を何気なくこなしていても、
どこかで大きな間違いを見落としているのではないか?などと思い、
結果的にそうなってしまったときのイメージが、
昔の失敗と重なってフラッシュバックするんですね。
そのため、何度も何度も見直したり、つまらない事に時間を掛け過ぎたりして、
非常に効率が悪くなるんです。

 

工場で手組みのライン作業をしているときは、
他の同僚よりも圧倒的に「落下」(=不良品となる)が多くて、
ものすごく恥ずかしかったし、
ある仕事では上司からいい評価をいただいて管理的な業務に昇格するも、
手計算で作る書類の計算がミスがあまりに多くて軽蔑され、
「向かない」のひとことで降格されたこともありました。

 

あるいはエクセルで作って計算ミスがないはずの書類が、
あるセルだけ未入力で合計金額が大きく間違っていたり、
そのときそのときで指摘されて真っ青になったダメージが、
きっとトラウマになっちゃっているんでしょうねぇ。
それに関してのキーワードは、
(知らずに変な事してるんじゃないかと)「常にびくびく」、もうこれのみですね。

 

今になって色々本などを読んで見ると、
どうやらそういう資質も、半分は持って生まれた特質かもしれません。
私は抑制力が少し弱くてそのため動的で拡散型になっている、
思考回路と行動の持ち主なのかもね。

 

けれどそのせいで小さい頃から同じことで傷つき恐怖感が芽生えて、
年齢とともに苦手意識が自然に強まっていったと思うのですが、
「苦手」の正体って、きっとそういうことだと思うんですよね。
一番最初の始まりは、まだ成長前の素のままの幼い自分が、
自分の持っている特質で享受した利益・不利益の問題だと思うんです。

 

だから元々の原因は、人それぞれの個体差に起因していると考えれば、
いいも悪いもないし、自分を責めたり人から責められたりするようなものでは、
ないと今は思っているんですよね。(もちろん努力は必要だと思うけど)

 

「苦手」の背景にあるのは、恐怖と不安の感情だと思いますが、
その正体を見極めてうまく逃がしてやることができれば、
それらは段々改善していくと考えています。

 

私は今は、昔ほど大きなミスはあまりしなくなったのですが、
その土台になったのは、「怒られてもいい、そのときは謝ろう」という覚悟でした。
「ダメでも仕事できなくても、それが自分なんだから仕方ない」という、
開き直りでした。
そして、「失敗しないと覚えない性質(タチ)なのだから失敗はしたほうが得」、
「失敗をどんどんしたほうが、将来的にもっと大きながミスが絶対防げるはず!」
という発想の転換でした。

 

今自己啓発系の本などを読むと、それと似たような事が書いてあって、
あぁ、自分は結局これを自分で思いついてやってきたんだなぁ…と思いますが、
苦手の克服というのは、そういうちょっとした考え方の方向転換も必要だと思います。

 

今日はお金の絡む書類の作成が多くて、
少々不安な思いが高まったりしていたのですが、
ひとつ終えて落ち着き、またひとつ完了して落ち着き、
少しずつ平常心が戻ってきました。

 

そうなってみると、一体朝から何がそんなに一杯一杯だったのだろう?と、
馬鹿げて思えてきたりするのですが、
そういうことってこれに限らず、誰にでもあると思います。

 

そんな心情的な経験があると、他の人の同じ思いもわかってあげられるので、
それもまたコーチや研修講師としてのメリットになるかな?などと思い、
仕事をする上での自分の強みと捉えていこうと考えています。
そう、転んでもタダじゃ起きない性格も、案外昔からかもね!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。