スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DiSC/Cのキモチ

C__no_kimochi.jpg

コーチングセッションやスカイプによるマンツーマン講座をやっていて、
「ここまで聞いてみてどう思いましたか?」とか、
「ここまでの感想を述べてみてください」と尋ねる事がよくあります。

 

それは要所要所で振り返りの時間を取って、
気付いたことや自分が抱いた印象や新しいアイデアを、
「人に話す」という行為を通して再認識してもらうためですが、
相手の方のためにも、出力させるという促しはとても重要で、
言葉にする、文字に書く、図に描く等の行為を通して、
ご本人がそれをより強く自覚して今後に役立てる、という、
大きなメリットがあります。

 

最近、DiSCのSkype(スカイプ)マンツーマン講座や職場コーチングで、
DiSCでいうところの「C」が高い方と、立て続けに4人出会いました。

 

「C」はconscientiousnessの頭文字を取ったもので、
4つの傾向のうち、慎重傾向を指すもので、
感情よりもデータ重視、正確さを重んじ分析を好み、
結果として慎重で時間を掛けた行動を選択しがちなグループです。

 

人の行動傾向を4つに分類するプログラムは色々ありますが、
DiSCで言う「C」は、Coach21のそれだとアナライザー、
ソーシャルスタイルだと「A」(思考派または分析型)に相当します。

 

ご興味のある方はそれぞれのキーワードで検索すると、
様々なサイトが出てくるのでご参考にしていただくとして、
DiSCの「C」など慎重分析傾向の方は、
ある特徴がある事に気がつきました。

 

それは物事に対する感想を述べてもらうと、
感情を表す言葉をほとんど(あるいは全く)使わないんですよね。

 

私はDiSCでは「i」、Coache21のタイプではプロモーター、
ソーシャルスタイルでは「P」(演出・表出型)、
または、Expressive(感覚派)に属するので、
物事から自分の感情にヒットする項目を掴みがちです。

 

よって感想もおのずと、「面白かった」「感動した」
「(疑問が解けて)うれしかった」など、
自分のプラスとなった感情を相手に伝えて、
相手を承認する傾向が強いのですが、
「C」の方の感想は、「○○は当たっていた」「○○は違っていた」
など、事実を述べてくるんですよね。

 

最近はその違いがとても面白く、(←すでに”面白い”を使っている^^)
対人スキルの研修やマネージメントに、
とても参考になるなぁ…と感じているのですが、
反面、相手にプレゼンテーションした内容が、
どの程度相手の深部に浸透し、
どの程度相手の現状にヒットしたか、
自分の感覚からすると、
実感としての確かな手ごたえが得られないので、
「本当のところ、どうだったんだろう?」と、
首をひねってしまう自分がいたりするわけです。

 

それは承認(相手を認め評価し肯定する)スタイルの違いでもあり、
感情を掴むタイプの人は好ましい感情を言葉で相手に返すし、
データ(事実)を掴むタイプの人は、
自分にとっての”正しい”事実を相手に返すのが、
それぞれの相手に対する承認になっていると思うんですよね。

 

でもそれは、タイプの違う者同士に取って、
それぞれに感覚的に理解できる承認ではないので、
そこで意識・認識の食い違いが生まれてきたりするわけです。

 

「i」の私にとって、「C」のキモチは大きな課題であり、
もっともっと勉強しなければならない部分だと思うんですよね。

 

それで今日、DiSC分析で「Cが高い」とすでにわかっている、
私のコーチングのクライアントさんに、「どう思う?と尋ねてみました。

 

すると彼女が言うには、
「面白かったとか、為になったとかいう表現は、
とても曖昧な感じがして、不親切に感じる」と。

 

「だったら、何をどう感じたのでそう思ったかを、
きちんと明示して伝えることで、
より”正しく”自分の気持ちが伝わるのかな?と思う」
とのことでした。

 

は~、なるほど~!!!

 

すると、「○○は正しい、○○は間違い」と伝えるのは、
きっと彼らなりの誠意で、それが彼らの承認なんでしょうね。
と、言う事は、そのトークが得られた時点で、
私は相手から承認してもらっているのかもしれません。

 

三者三様、十人十色などと言って、
人がそれぞれ、様々に違いがあるのは、
理屈ではよくわかっているのですが、
こと感覚ベースの認知になると、
そこに捉え方の差が生まれてきます。

 

よく「相手の立場に立って考える」と言いますが、
相手の立場に立って考えてみても、
「もし自分だったら…」「私があなただったら…」という発想だと、
自分のスタイルを土台に物事を考えてしまうので、
押さえても押さえてもムクムクと沸き起こって来る違和感を、
自分ではどうすることもできません。

 

なので、それを一度白紙に戻して、
人の行動傾向とその根拠を、
論理的に学んでみるのはいいことだと思っています。

 

明日は久しぶりにコーチ仲間の友人に会いに行くのですが、
その理由は「Cを取材する!」というもの(笑)

 

DiSCで「C」が高いとわかっている気心の知れた友人から、
「C」の忌憚ない本年を思う存分語ってもらいたいものです。」

 

それがやがて私の血となり肉となって、
より効果的で有効なセミナーのために、
必ずや役に立つ!と信じているんです。

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。