スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出は美しすぎて


 

先日は、突然八神純子ちゃんの歌声を聴きたくなって、
すぐにiTunesから5曲ダウンロード。
ついでに山本潤子(元ハイ・ファイ・セット)4曲、サーカス1曲、
そして丸山圭子1曲も勢いでダウンロードして、
しっとり系女性ヴォーカルお気に入りCDを作り、
早速毎日の車で聴き始めました。

 

全編を通して聴いてみると、
要するに私って、澄んだ女性の声のJ-POP的な、
ボサノバ調の曲が聴きたかったのかな?とも思いますが、
今聞いてみると、本当に八神純子の曲には、
ラテン系の楽器がよく使われているんですねぇ。

 

確かに八神純子ちゃんて言うと、
ザ・ベストテンでピアノやシンセサイザーを弾きながら歌い、
間奏で吹いていたサンバホイッスルが、
鮮明に記憶に残っていますよね。
(画像をクリックすると動画に飛びます)

 

今思えば、色々な作戦会議などがあって、
売るための戦略としてラテンテイストのアレンジを選択したのかな?
などと、うがったことを考えたりもしますが、
今はこんなにストレートで伸びやかな歌声のシンガーと楽曲がないので、
たまに聞いてみると今も新鮮で、心が満たされる気がします。

 

それにしても好きだった歌というのは不思議なもので、
年数が経ってもちゃんと歌詞を口ずさめるんですよね。

 

なので車の中でつい一緒に歌ってしまうのですが(笑)、
表題の「思い出は美しすぎて」はキーが高いので、
私はどうしても1オクターブ下を歌う羽目になります。。。

 

そうしたら、びっくり!
1オクターブ下の音が全然取れないんですよ^^
あら~、年と共に音感も衰えてきちゃったのかしら?と思いましたが、
他のは大丈夫なので、この歌、きっと音程が難しいんですね。

 

私はついこの間まで、出動のテーマがBackstreet Boysの、
「Everybody (Backstreet's Back)」だったのですが、
どんな心境の変化か(?)、秋風を感じる天気のせいか、
私にしては珍しく、しっとりと”出動”してみたくなりました。

 

私にとってボサノバは外界と自分をきっかりと分ける音楽です。
冷房の利いた部屋で暑そうな外の景色を見ながらアイスコーヒー飲んだり、
車の場合は、流れて行く風景が他人事のように感じられたり。

 

でも今は、アントニオ・カルロス・ジョビンでも小野リサでもなく、
気分は八神純子であり、丸山圭子なんだよね~(笑)
透明感?…が欲しいのかな。そんな感じかもね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。