スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【笹ちゃん通信】11/28号「割れ窓理論」

※このメールは私の講座開催日の前日に、
私の友人・知人・お取引先様、
そして過去に過去に名刺を交換させていただいた方に、
お送りしています。

========

少し前に「カリスマ体育教師の常勝教育」という本を読みました。
その中で、"割れ窓理論"に関しての記述があり、
大変興味深かったので今日はそのご紹介をさせていただきます。

"割れ窓理論"とは、
「たった一枚の割れた窓窓ガラスでも人の心をすさませるものを放置すると、
街全体が荒れて犯罪が増える」という考え方です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、本来は環境犯罪学上の理論で、
犯罪学者ジョージ・ケリングとジェイムズ・ウィルソンによって発表され、
実験結果に基づいたものなのですが、
この理論を用いてニューヨークの治安を改善したのが、
ルドルフ・ジュリアーニ前市長で、
同市の殺人発生件数を7年間で67パーセントも減少させたそうです。

著者の原田隆史さんは元教諭で荒れた中学を建て直し、
陸上の個人種目で13回の日本一を出した指導者の方ですが、
文中で「結局1枚の割れたガラスが視覚から入り、
それを見ているクラスの子どもたちの心をすさませて、
マイナスの働きをするのです」とおっしゃっています。

それを読んで、私はハッと思い出しました。
何を?我が家を。

・取れそうなまま、ずっと使っている洗面所のタオル掛け。
・パッキングが古くなっていて、たまに水滴が落ちている風呂場の蛇口。
・数年前から放置状態で書棚の隙間に横積みなっている書籍類。
・目立たないからいいか~?とそのままにしている障子の破れ。

思えば大勢に大きな影響がないためついそのままにしているそういった事でも、
人の心を少しずつマイナス方向に向けているとしたら、
おーっと!すぐに直さなくちゃ!と思いました!

別な本で読みましたが、数字としての効果はなくても、
「清々しい」というのは人の心にとてもよく作用するそうです。
原田さんは、生徒指導に態度教育も取り入れている方ですが、
私はこの本を読んで今まであまり強い共感を感じなかった、
「清々しいこと」「正統であること」「心や環境がきれいであること」などを、
大切と感じ、それまでよりもずっと優先順位があがりました。
そんな事を思うと、割れたガラス、切れそうな蛍光灯なども、
「今はお金がないから」と先延ばしにしてはいけないと思わされます。

皆さんのお宅ではいかがですか?
皆さんの職場ではいかがですか?

===============
明日11月29日は北仙台ARGOコーヒーデスクルームで、
13:00から実践コーチング講座を開催します。
お申し込みの方は忘れずにお越しくださいね。
まだの方も、今ならまだ間に合いますよ~(笑)!
それではまた次回をお楽しみに!
===============


────────────
◆コーチングで組織力UP!
◆コーチングで達成力UP!
◆コーチングで個人力UP!

人と組織の再生マジック!
「ワッツ・ビジョン」
   笹 崎 久 美 子
────────────


☆☆☆【笹ちゃん通信】(手作り&手送信です)を購読したい方は…



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。