スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

類友人脈

 

ruitomo_jinmyaku.jpg
「いい人が紹介してくれる人は、やっぱりいい人が多い」

 

派遣会社にいたときに、そんな経験がよくありました。
この場合の「いい人」というのも語弊のある言葉ですが、
初日にきちんと来てくれて、約束は守り、時間には遅れず、
現場でもめ事やトラブルを起こさない人。

 

そんなの社会人として当たり前ではないか?と思わるかもしれませんが、
この、"当たり前のこと" を ”当たり前にできる" のが、
どれだけありがたいことで、どれだけ担当者を安心させるか。
それは、今同じことで悩んでいるリーダー職にある方なら、
きっとわかっていただけると思います。

 

さて類は友を呼ぶと言いますが、話はガラリと変わり、
最近私は、仕事のスタイルについて、
相手と相性がよくて、すんなり協同作業に入れる人と、
そうでない人が確実にいるなぁと思っていて、
そうでない人とは食い違いや誤解が生まれたりするので、
このぐらいは伝わっているだろうと思っている事でも、
ちゃんと言葉や書面に出して意識合わせをしていかないと、
こちらが感情的に面白くない思いをしてしまう、と感じています。

 

それは誰にでもあることで、
人としての個性がある限り、仕方のない事だと思っていますが、
実は今日、仲良しで気の合う友人と話をしていて、
面白いことがわかりました。

 

私が以前から、
自分とは雰囲気が違うため一緒に仕事をすることはないかも、
と思っている知人と、
友人は友人でそう感じていた別の人が、
実は懇意の仕事仲間だったということがわかって、
二人で盛り上がり、しばし性格談議に花が咲きました。

 

といいますか、分析的な視点で、
こういう話を延々とできるところが、
私と友人の居心地のいい関係につながっているのですが、
「人」自体にあまり興味や関心のない人同士なら、
(そういう人も、もちろんいます。ありです。)
顔を合わせても特に長続きする話題にはならないわけで、
それに関するエピソードに深い関心で頷き合ったり、
次々と話が展開していくこともないかもしれません。

 

もし、任意の人脈というのがこうやってつながっていくのなら、
私達の人脈の延長上には私達と似た人が、
また私達とは別な人達の人脈の延長上には、
やはりその人達と似た人が、
何気に世界観の異なるグループを形成して、
仕事なんて案外、その中だけでやりとりされるのかも、
と思う事もあります。

 

今日はうれしいことがあって、
それは久しぶりに会った大好きな知人から、
DiSCの個別レクチャーの申込みをいただいたことです。

 

彼女はインターネットや電話の仕組みに関して、
私がわからない事を全部わかっている人で、
今日も、随分と質問をして、たくさんの事を教えてもらったのですが、
その説明がまた、非常に自分の覚え方にヒットするので、
以前から尊敬していた人なんです。
時間があれば、もっともっと話をしていたかったのですが、
お互いに主婦なので、早々に時間切れ(笑)

 

ですがたぶん、私が面白いと思ったものは、
私に似た人も「面白い」と思ってくれるのかもしれませんね。

 

だったら、今後は、私に似ている人を探して、
色々とさまよって?みようかな?などと思ったりしました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。