スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方

hito_ga_atsumaru_gyouretsu_ga_dekiru.jpg
食楽セラピーのヒロオさんに勧められた本。
 
私には非常に参考になったし、
すごく面白かったです。
私はこれを読んで、チラシの作り方とタイトルを、
根本的に変えました。
(ヒロオさんには本当に感謝しています。ありがとう!)
 
 
要は、
・対象を絞り込む
・徹底的に対象をリサーチしてその相手にひびくタイトルにする
この二点なんですよね。
 
 
Amazonのカスタマーレビューにも書いてありますが、
人が集まらなかったチラシと集まったチラシの対比がいいです!
それに関する説明も、説得力があってとてもわかりやすいです。
 
 
そして、私はこれを読んだ事がきっかけで、
「自分がお金を払ってでも出たい講座」というのを、
企画するようになりました。
(→それが「もう困らない!忘れ物がなくなる3つのヒント!」になりました)
 
 
今皆さんに広くアンケートをお願いしているのも、
社員研修に関する職場のニーズを知りたいからですが、
(今からでも、どなたでも、ぜひ投票をお願いします!※無記名、無期限)
アンケート中に掲げている講座の各タイトルは、
かつて私自身が色々悩み、
「いい方法があるならすぐにでも教えて欲しい!」
と、いつも思っていた事柄の集合体なのです。
 
 
今は自分の勉強や見聞でそれらの対処法がわかってきたため、
今度はそれを私が皆さんにお伝えする番だと思っています。
 
 
この本の著者、牟田静香さんは、
結婚に伴い、客室乗務員の仕事を辞めて、
福岡から東京に引っ越してきた方なのですが、
誰も友達のいない東京で、
仕事を辞めてしまった後悔や自分の価値や存在感に悩み、
たままた訪れた公共機関(大田区)のセミナーで、
自分を取り戻し、その後すっかりハマって、
やがてスタッフになってしまった、という方です。
 
 
私にはその気持ちがわかります。
結婚して家に入ってしまうと、
生活環境と人間関係が一変してしまい、
今まで自分が熱く語っていた様々な話をする、
相手がいなくなります。
 
 
私の場合は、近隣の主婦の皆さん達と、
話題が全く合わないため、
段々お付き合いの輪に入ったり、
顔を合わせるのが面倒になって、
家にこもりきりになりました。
 
 
けれど私の場合は、
たまたま性格的にあまり自分に悩むタイプではなかったため、
セールスの仕事でもしてみようかな、と思って、
化粧品販売の門をたたいてみたり、
縫物でも習おうかと思って近くの教室に通ったりしました。
私の場合はいつも、「だったらこれをやってみよう」と思って、
自分で環境を変えていく、自己解決型のようです。
 
 
余談ですが私は上記の縫物教室で、
年配の先生があまりに「女性は、女性は」と保守的なので、
ある日頭に来て反発し、それきり二度と行かなくなった…という、
エピソードの持ち主でもあります。
私は他人に価値観を押し付けられのが苦手なので、
「どうあるべきか」という精神論よりも、
実際の動き方や対応を、
確立した手法として淡々と教授されるほうが好きなのです。
そして逆に、そのほうが自分がどんどん変容していくのです。
 
 
人はそれぞれに、何に困り、何を欲し、
何に魅力を感じて、対象から何をつかもうとするのか。
それは、その人それぞれの性格と、
社会環境と人生観で大きく異なってきます。
 
 
そのため私がお金を払ってでも出たい講座は、
自分の生き方や、成長や、
内面/外面の変貌や美しさを目的とする講座ではありません。
 
 
私が出たいのは、やはり仕事の現場ですぐに生かせる、
人付き合いや指導の"現実的な"ノウハウであり、
論理的な根拠のある心理学や脳科学の話であり、
あるいは、物の仕組みや成り立ちを理解し納得するための、
わかりやすい工業やものづくりやサイエンス系の講座です。
 
 
そんな風に考える私が企画する講座には、
なんとな~く、私のあれこれがにじみ出て、
きっと私によく似たキャラとスタイルの、
「突っ走り系、ちょい間抜け!」や
「世界にこもるとすべてが抜け落ちる系」のお客さんが、
まずは寄り集まって来るのではないかと思うし、
またはその真逆で、静かで落ち着いた人が、
私の騒々しさに引き寄せられてなんとなく来てしまう…
みたいな感じかもしれませんね。
 
 
そういうことにも色々気がつかされた、
自分にとっては覚醒の本でした。
 
 
講師やコーチじゃなくても十分楽しめます。
皆さんにも、ぜひご一読をお薦めします!
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

KEYWORDS:
人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方,牟田静香,講座タイトル,ニーズ,リサーチ
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。