スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美と備とBe


bi_to_bi_to_Be.jpg
勧められて購入しても、
まともに使いきったことがない化粧品の数々。

 

そのときは、いいな、と思っても、
長続きした試しがありません。

 

それはたぶん、自分の興味関心と、
異なるところにお金を使っているから。

 

いいものはいい。確かにいい。
プロの先生がメークしてくれると、
本当に別人のようになる!

 

だからと言ってその手間暇が、
長く持続するかというと答えはNO!なのだ。

 

だったら最初からやんないほうがいいのよ、
お金の無駄だから。

 

そのお金があったらやっぱり私、
本やCDをたくさん買ったほうが、
絶対に自分にとって"価値"があるもんね。

 

    *    *    *    *    *    *

 

きのう、TVで久しぶりに綾土智恵を見たら、
一瞬、「誰?この"おばあさん"?」というぐらいに初老っぽくて、
髪も白髪交じりで染めていないし、服もまるで普段着みたいだし、
「うわー、ずいぶん感じが変わって老けちゃったなぁ」と思ったの。

 

ところが!

 

ひとたび話し始めたら、やっぱりおかしくて面白くてノリがよくて、
うちの家族が全員がその爆裂トークに引き込まれてしまい、
昼御飯が終ったのに、誰も席を立てませんでした。

 

そうなのよね。

 

私、同類を感じるのでよくわかるんですが、
こんな風にクルクルと思考がよく回って、
言葉数が多く、話のテンポの速い人はね、
自分の見た目は割とどうでもよく感じて、
メンテナンスの優先順位が低いときがあるんですよね。

 

もちろん、心からどうでもいいと思ってはいませんが、
人の目に映る自分を気にして、
そこにエネルギーをかける気持ちがそもそも薄いのだと思います。
(たぶん)

 

それじゃ、どこに命を掛けるかと言うと、
自分のアクション(=働きかけ)に対する、
相手の反応なんです。

 

この場合の"反応"は、自分の行動に対する相手の行動なので、
化粧やヘアスタイルや服装で劇的に効果がアップするわけではなく、
やっぱり普段自分が何をどう考え、どう思い、
相手にどう伝えるか?というところを、
常に意識や自覚をがポイントとしているのです。


なので、「体験して気づいて、なるほど!」と、
感じることはとても好きなんですけど、
見た目への努力や工夫を必要以上に強要されると、
すごく窮屈で苦しくなっちゃうんですよね。
そもそもそこに多大な興味やこだわりがないから(笑)

 

綾戸さんも、番組では、
介護を通じての体験と深い気付きを、
表現豊かにお話されていましたが、
でもお母様には、「同じTシャツを一週間着て!」と、
思われ始めて来た、などと言って、
うちの家族が一斉に私を見た瞬間がございました!

 

一方、相手の目に自分がどう映るか?
を自分の行動基準とする人は、
相手はなぜそこが気にならないのか、
不思議で不思議でしかたないみたいです。


「もっとこうすればもっとよく見えるのに…」と、
他人に対していつも残念に思っているものだから、
挨拶よりも先に、助言と指摘の手が出る、口が出る、
というタイプの方が、私から見ると多いように思います。

 

それ、ちょっと苦しい。でもわかる!その気持ちはわかる!

 

だって、昨日の綾戸智恵はちっともかっこいいと思わなかったし、
もうちょっと芸能人らしくてもいいんじゃない?というぐらいに、
みすぼらしささえ感じてしまったので、
あぁ、きっとこの感覚なんだ!と。

 

でもたぶんね、あれはあれで、
もしかしたらご本人はいいんかもしれないんですよね。
なぜなら"それを絶対嫌だ!"と思うような人は、
たとえ死んでも、あんな普通の恰好では出てきませんから(笑)

 

それよりも、自分のお話が大いに会場を沸かし、
皆が腹を抱えて爆笑トークに笑ってくれたことのほうが、
満足で充実感があったのではないかと思います。
私はそう思いました。(綾戸さん、違ったら、勘弁ね!)

 

要するにそれが、DiSCでいうところの、
「i 」(感化型)ということなんですけどね!^^

 

美しさを気にするのか、ネタへの備えを気にするのか、
それは自分がどうありたいか(Be)で、
見た目も行動も大きく変わってくるわけです。

 

本日は、美と備とBeのお話でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。