スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国の髪型

5・29日(金)は宮城野倫理法人会のモーニングセミナーで、
内モンゴル出身の歌手:ボルジギン・イリナさんの
お話を聞いてきました。


イリナさんは2000年に来日して宮城教育大学に留学、
その後日本で歌手をしながら、
内モンゴルの子供達に教科書を送ったり、
学校を建設する活動を続けています。

 

イリナさんのお話を聞くのはこれで二度目なのですが、
日本語がそれほど流暢ではないのに、
なぜかとっても心に響く話をされるんですよね~。


今回は前回にはなかった、
両国の小学生同士の交流のお話がありました。

 

日本にやってきたモンゴルの小学生の皆さんが、
驚いたりはしゃいだり感動する様子が
とても生き生きと語られていて、
目頭が熱くなりました。

 

さて、イリナさんは黙って立っていると、
全く異国の方には見えません。
顔立ちが日本人と同じだし、黒いパンツスーツも普通だし、
それに髪型もいまどきの若い女性らしく、
ストレートなレイヤーです。

 

で、私思ったんですけど、逆に私がモンゴルに行ったとして、
現地で流行っているヘアスタイルとかにすぐになじめるかしら?

 

たとえば、
ぜんっぜん日本の感覚に合わない髪型が流行っていたとしても、
やがて現地の流行になじみ始め、自分も同じ様にしようと思うまでに、
いったいどの位の月日がかかるものなのかしら?

 

…といった事を思ったのも、高校のとき、
1年間アメリカに留学した友人達が、
皆髪を染め、髪を伸ばし、パーマをかけて、
誰もが同じ様にカーリーでボリュームのある
ヘアスタイルで帰国してきたからです。

 

それを見た私は、
かの国の高校生ってあんな感じなのか~と、
意味も無く感心してしまったのですが、
当時の高校はパーマ禁止だったと思うので、
(茶髪という習慣は、そもそもなかった(笑))
彼女達がそのあとどうしたのか、
その後を全く覚えていないのが残念です。

 

長い間異国で暮らすと、
段々その国のスタイルに合っていくと思うのですが、
違和感が消えるのってどのぐらいなんでしょうね。
私は外国で暮らしたことが無いので、
ちょっと興味がありますね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。