スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安定な人へ~「理屈でカタをつける」

fuan.jpg今日の日記は心身が少し不安定な人に向けて書いてみます。

私は心理療法士やカウンセラーではないので、今まで長い間かかって見聞きしたことの自分流の受け売りになってしまいますが、気持ちや体調がなかなか一定しない原因のひとつに精神的なストレスが上げられます。そしてこのストレスを形成しているのが「不安」だと思います。

不安というのは恐怖心だったり、漠然と感じる落ち着かない感じだったり、人によって様々だと思いますが、その正体を自分自身がよく理解して、論理的に語れるまでに自分の中で咀嚼されていれば、段々安定してくるそうです。

ここでDiSCを出すのもちょっとはばかられる感じがしますが、私は「i」の傾向が高く、「i」の傾向が高い人が恐れるものは「他人からの拒絶」で、望むものは「他人からの評価」です。

自分では「え~、そんなことないや~。嫌われるのは全然平気だし。」と思っていたのですが、考えてみれば、何をやってもうまくいかないような時期は、スランプにある自分をなかなか自己開示して人に相談する事ができないし、さほど必要もなく時間も全然ないのに、差し入れのお菓子を買いに店(しかもわざわざ話題の店に^^)によって、結果的に集まりに遅刻する!など、やるべき事とやっている事がちぐはぐなときは、拒絶を恐れ評価を望んで余分な負荷を自分に掛けてしまっているんだぁ…と思います。

ではなぜそれを恐れそれを望むのか?と言えば、そこは人によって様々なのだと思いますが、自分の場合だと小さい頃に親と仲が悪かったり(今は全然オッケー!)欠点の多い子供だったので怒られてばかりいたり、働いていた両親に代わって面倒を見ていてくれた祖母が頑固で支配的な人だったので、何をやっても「ダメ!ダメ!」と言われて育ったり、当たっていないかもしれませんが、その反動的な穴埋めで他人から存在を肯定されたい思いが少し強く、それが「人を喜ばせたい」といった、より成果を得やすい行動に出てしまうのかもしれません。

「恐れているもの」がやってきそうなとき、または、「望むものが得られないとき」に人は漠然とした不安を感じますが、それは過去の自分にとってよくなかった経験に根ざしている事が多いそうです。その中で一番多いのが親子関係のようですが、他にも人前で失敗して笑われたり何かで軽蔑された思い出や、大きな失恋・突然の絶交など納得のできない別れや拒絶、そして大切な人や物を失うなどが挙げられます。対人恐怖や友達と仲良くなれない、仲良くなると相手を嫌いになってしまう、なども、そういった事が起因している場合が多いようです。

その人にとってショックを受けた経験が記憶に刻み込まれていたとしても、心はそこから無意識に目を背けて普段は自覚させないようにフタをしているので、そんな事があったことさえいつもは忘れていますが(これを抑圧といいます)、そのときと似た状況になると記憶に閉ざされた感情が再現して、(自分自身では)言葉にできないような恐怖感や、漠然とした不安になって現れるのだそうです。

なので、自分は今何を恐れているのか?自分は今何を望んでいるのか?をはっきりさせて、できればその原因となった過去の経験ときちんとリンクさせて、言葉を通して論理的に語れるようになれば、やがて自分自身に合点がいき状況にも以前よりうまく適応できるようになって少しずつ心身が安定してくることが多いようです。

確かにそうですよね。中に何がいるのかわからない得体の知れない夜の森に分け入っていくよりも、たとえ暗くても険しくても手元に案内書がありこの先何があってどんな危険があるのか事前にわかっているほうが、心の準備と事前の対応が可能になって恐怖心や不安もある程度コントロールできます。理屈という言葉は「へ理屈」「理屈っぽい」などあまりいい意味で使われませんが、この場合は「理屈でカタをつける」のが有効だということです。

「言葉で語る」というのは非常に論理的な行動です。なぜなら自分の中で物事の整合性が取れていないと会話や文章は成立しないからです。内面を言葉で語ってより明確にし、それによって自己解決を可能にしていくのはコーチングの手法と全く同じですが、コーチングが効果的といわれるのもそんな理由からだと思います。最後は我田引水の結びになってしまいましたが^^、ご参考になれば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。