スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えてほしいことは「目的」にせず、プロセスに折り込む







契約先の会社さんに新人さんが入ってきました。


新人さんは、覚えることが一杯です。


先日、電話応対の指導でお邪魔した時に、
先輩社員の方が、新人さんに業務を教えるのを、
見るともなしに、見ていました。


PCで仕事に使うシステムの使い方、
山のような資料、その説明。


教えるほうも、教わるほうも大変ですよね。


そして、先輩は最後に言いました。


「あと、これ、うちの商品リストだから、
見ておいてね。」


おっとっと・・・たぶん、その言い方だと、
眺めるだけ眺めても、
記憶にはあまり残らないと思うんですよね。


「見ておいてね」は、効果のない指示だと思います。


「見なくちゃ」と思った新人さんがそれをきちんと実践しても、
「見る」だけでは、得られるものがあまりないかもしれません。


そんなときは、「リストを見る」ことを目的にせずに、
何か別な目的を遂行するためのプロセスにしちゃいましょう。


たとえば、
「自分が欲しいと思った商品を5点ピックアップしてね」
でもいいし、
「見たことがある商品はどれか教えて」でもいいでしょう。


具体的な目的があれば、
新人さんは、そのつもりで、
商品群を意識的に見ると思うんです。


これは、漠然と眺めるよりもはるかに効果的。


中には、本当に欲しいと思った商品や、
今、自分が使っている商品があるかもしれません。


その時の、こころの動きが記憶となって残り、
同じ商品を町のお店で目にしたときに、
「これ、うちの会社でも扱っている」と、思い出すでしょう。


そういうことが、最初の一歩なんじゃないかな。


もちろん、先輩は、
指示出しだけして放置したりせず、
ちゃんと、あとで、「どうだった?」と聞いてあげてね。


そして、若い人の意見や感想として、
(たとえその場の演技でもいいので(笑))新鮮に受け止め、
「参考になった」と感謝して、お礼を述べるとさらにいいよね。


新人さんは、まだまだ自分が戦力外なのをわかっているので、
新しい職場で少しでも誰かの役に立つのはうれしいと思うよ?


それが、新人さんのやる気にもつながると思います。


思えば、会社の朝礼でよくある、
「新聞記事の発表」や「3分間スピーチ」なども、
同じ効果がありますよね。


目的があって、自分の意志で調べたことは、
時間が経っても、結構覚えているものです。


先輩の指示出しの工夫で、
その後の新人さんのINPUT、OUTPUTが、
変わってくるはずです。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。