スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車乗りの話

MC900197727_20120715091953.jpg



今日の研修(グループコーチング)が終わった後で、
こちらもお話すればよかった、と思っている話があります。
それはあるとき私がふと考えてみた「自転車乗り」の話です。


    *    *    *    *    *    *


私達は子供の頃に、たいていの人が自転車乗りの練習を始めます。
そしてたいていの人が自転車に乗れるようになります。


それはなぜでしょう?


それは「自転車は誰でも乗れるもの」と、
皆がやる前からわかっているからなんですよね。


子供は周りの大人たちが自転車に乗って、
歩くよりも早く遠く楽に移動しているのを普通に見て、
「あれに乗れたらいいなぁ」と思い、
さほど疑うことなく練習を始めるわけです。


ですが、私はいつも思うんですけど、
自転車がもし世の中に登場した時に、
「あれは乗れる人と乗れない人がいるんだってよ?」
という話になって、ちょっと練習してもうまくいかなかった人達が、
「私はどうやら"乗れないタイプ"だったみたいです」と言い始めて、
それが世の中の考え方として定着してしまったら、
多くの人達がそれ以上の努力や工夫はせずに、
自転車に乗ることを早々にあきらめちゃうと思うんです。
で、「やったけど自分には不向きでした」とか言いそうです(笑)
本当に世の中の流れ次第ではそうなっていたかもしれないよ?


でも実際は多くの人が当たり前に乗っている現実が今ここにあるので、
何も疑わずにある年齢に達したら自転車乗りにチャレンジする事が、
当たり前になっています。


だから物事が可能かどうか、
可能であると確信して行動できるかどうかは、
世間の風潮や他人の動向や自分の思い込みに、
ものすごく左右されていると思うんですよね。


あともう一歩のエネルギーや、
自分に合ういい方法を考えついたり、
実現のアイデアを柔軟に思いついたりすれば、
本当は誰もができる事なのに、
それを成し遂げた人を身近に知らないから、
頭からしょせん無理だと思ってあきらめている事も、
この世界にはたくさんあるのかもしれません。


自転車や逆上がりのようにできている人が多数派だと、
「自分も早くああなりたい」と強く思うし、
できないほうに劣等感があったりするので、
それも大きな動機づけになりますが、
誰もできていないような事柄で自分の周りに成功例がないと、
「やっぱり無理」「自分は向いていない」
「性格だからしょうがない」「体質的に困難」
と最初から自分で自分をNG判定しているんだわね。


実は私もそうなのよ。


私はタスク管理が苦手でちょっとスケジュールが混み合ってくると、
頭の中の整理がつかなくなって妙な不安感も出てきたりするのですが、
それは自分のこれこれこういう資質によるものだから、
仕方のない事なのだ、と客観的に自己分析して、
それを肯定的に認める気持ちはあったのですが、
思えばそれを改善できるという、
夢や希望を持ったことは一度もありません。


でもさ、わかったよ。
だから直らないんだな~と思って(笑)


だから今は、
なんだかわからないけど何かが変わってきて、
なんだかわからないけど忙しくなってもサクサク物事が処理できて、
なんだかわからないけどいつも心と時間に余裕があって、
思う存分、好きな事、やりたい事だってバンバンできちゃう!
そんな輝ける素晴らしい日がいつかきっと絶対来るんだ!
やっほー♪と思って、なんだかわからないけど、
自分はその日を楽しみに待つことにしました。


思ってみたら自分のあれこれのうちで、
今うまくいっている事は全部、
最初からそうなる(だろう)と思ってやっていることなんだよね。
なのでたぶん、うまくいくと思ってやることだけが、
うまくいくんだと思う。
これを世間では、「根拠のない自信」と呼ぶのね、きっと(笑)


    *    *    *    *    *    *


昨日の受講者の皆さんには、どんなことがあっても、
「私はダメ」と無意識に自分をジャッジしないで欲しいの。
それは自分の価値を自ら望んで下げている事に等しいと思うんです。
だってどんな考えも、
実際にそれを思っている張本人は自分自身なのだから、
自分がまずそう思わないことが大事なんじゃないかな、と思います。


もし人からそう言われて傷つくことがあったら、
ダメなのは「あなたという人間」ではなくて、
「あなたが取っている行動」であると思って、
そこと自分のアイデンテティは切り離して考えると、
みんなもっと楽になると思うよ。
そしてあなた自身のマインドを変えようと悩み苦しむのではなく、
目に見える行動のほうを、
少しずつ変えていけばいいのではないかと思います。


昨日はそういったまとめをすることができず、
今思えば心残りですが、
この場を借りて思いを述べたので、
どなたか一人でもたまたまここを訪れて、
読んでくださればいいな~と思います。
 

 
 

 
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。