スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Q&A】"4つのタイプ分け"でコントローラータイプへの対応を教えてください。

【Q】”4つのタイプ分け”で、コントローラータイプへの対応を教えてください。

 

※「4つのタイプ分け」に関しては、
DiSCの小部屋」のほうに記事を多数乗せています。
そちらの記事も合わせてご覧ください。


【A】
Iさん、ご質問をありがとうございました。上記のクエスチョンを読んだ私のコーチ仲間の親愛なるまいたけコーチから、「コントローラーのことならなんでも聞いて!」と速攻メッセージをいただきました。以下に”原文のまま”転用させていただきますっ!

====================================
コントローラーへの対応は任せて下され。
複数人数実績あり。

まずは「(コントローラーの方が)何を行えばいいのか」を明確に伝える」
報告を聞くだけでいいのか?
判断してほしいのか?

時間を有効に使い、早く判断したいので「二度手間」になるようなことを非常に嫌います。

「指示や判断をもらう時は3つくらいオプションを用意」
その時は具体的な選択肢プラス「その他」としてね

コントローラーの方は「前おき長い」「後出し情報」、
「話が飛ぶ、それる」「話に一貫性がない」なども嫌いますね。

コントローラー濃度の非常に高い方と話していると、
(私の場合)サポーター濃度(ビクビクしたり、その場の和を保とうとしたり、
変な愛嬌を振りまいたりと悪い形で出る)が上がってしまいますが
こうなると「ドツボにはまるロード」一直線なので堂々としていましょう(^o^)

from まいたけ 2008.10.26  20:14
====================================

スポンサーサイト

【Q&A】コーチングをマスターするには何をするのが一番良いのか?

【Q】コーチングをマスターするには何をするのが一番良いのか?(Sさん)


【A】Sさん、ご質問をありがとうございます。いろいろ方法はありますが、私は一にも二にも「実践」をお薦めいたします。コーチングスキルを使って実際の現場で試してみることが一番だと思います。そして、成功した事も失敗したことも全部含めて、たくさんのフィードバック(実際にやってみた上での成功箇所・失敗箇所)を自分の中に蓄積させていくのが、回り道のように見えて実は一番の近道と感じます。

でも、なかなかそれを使うシーンってないですよね?もしそうならば、普段、普通に生活していて、誰かに"カチン"と来たり、"イラッ!"としたときが最大のチャンスです。通常はおおいに反論・反発・反撃してしまったり(気付かないうちに口調が強くなっている)、または感情からさりげなく一言文句を言ったり、そうでなければ、思っていても「自分が我慢すればいいことだ…」と、言いたい事もつい飲み込んでしまいがちですが、そんなときに相手に質問してみてください。「今の言い方(または態度)はあまりいい感じがしなったんだけど、それには何かわけがあるの?」って。すると相手はもしかしたら、普段溜まっていたあなたへの不満や要望を始めて口にするかもしれません。またはそう言われてハッ!として、「そうわけじゃないんだけど…」と言いつつも、心のどこかで「言いすぎちゃったかも…」と反省するかもしれません。それが相互理解の糸口になります。


そんな些細な場面で生かしていくことを意識して、少しずつ少しずつやっていれば、必ずや自分なりのコーチングスキルが身についていきますよ!

【Q&A】ICCで習ったこと以上のことを習得していますね。そのヒケツは何でしょう?

【Q】ICCで習ったこと以上のことを習得していますね。そのヒケツは何でしょう?(Iさん)

※10/6の「実践!コーチング講座4(タイプ別でこんなに違うアプローチ編)」でいただいたご質問です。ご質問のIさんは実は私のICC(プロフェッショナルコーチ養成講座)の同期生です^^

 

【A】Iさん、ありがとうございます!私としては谷田コーチのDiSCの勉強会(アドバンスラボラトリー)と、ひとみっちの(同じく)DiSCのセミナーに出たことが大きかったです。これらに参加してみて私は自分もDiSCの認定を取りたいと思い始めたんですよね。それから4つのタイプ分けはネットで検索するといろいろ出てくるのでそれらのサイトを見たり調べたりしました。ひとみっちには「本もいろいろ出ているから読んでみたら?」と進められたのですが、そちらにはまだ手がついていません^^

やっぱり他の人に講座に参加すると、導入トークや進め方、説明の仕方などがとても参考になりますよね!そんな情報を自分の中で組み立てなおして、参加者の皆さんに合った構成をいつも考えています。

kaigi.jpg

 

 

 

 

 

【Q&A】カードを使わずに分析できる方法はありますか?

 

続きを読む

【Q&A】「特に悩みがない」「問題はありません」という人からも何かを引き出す為にはどうしたら良いのでしょうか?

【Q】
「特に悩みがない」「問題はありません」という人からも何かを引き出す為にはどうしたら良いのでしょうか?

これはミニセミナーのアンケートにいただいたご質問です。コーチとしての悩みにも共通する大変いいご質問だと思います。

続きを読む

【Q&A】コーチングの人はコーチングしているときに何をどのように考えているのですか?

【Q】
コーチングの人はコーチングしているときに何をどのように考えているのですか?

続きを読む

【Q&A】コーチはクライアントの質問・悩みに対してどの程度準備をするものなのですか?

【Q】
「コーチはクライアントの質問・悩みに対してどの程度準備をするものなのですか?」

続きを読む

最新記事
最新コメント
管理人のホームページ
検索フォーム
プロフィール

笹ちゃん

Author:笹ちゃん
人材育成コンサルタント、プロコーチ、研修・講演講師 笹崎久美子の外部ブログ。
ホームページはこちらです。

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。